2017年04月28日

里帰り

帰省

約1年前、寿退会したsakuさんが、お友達の結婚式で高知へ里帰り。
唄三線に、エイサーに、はたまたウドゥドラムとかいう(怪しげな)壺(の楽器)まで演奏していた、あのsakuさんです。

仕事や家庭もあるので、短い間の帰省ですが、その間を縫って、愛好会の稽古に顔をだしてくれました。

稽古場の廊下に、歯切れのよい、乾いた締め太鼓の音がパンパン響いています。
ガラッとふすまを開けると、、、

おおっ‼‼‼‼‼‼‼‼‼
若手にエイサーの稽古をつけているのはsaku さん。
違和感なし。
全くなし。

曲が終わって、やっと声をかけました。
「あ〜hidekoさん、ご無沙汰してます〜」
と明るい声。
汗だく、顔真っ赤。

ほんの1年前はこうやって、ここで稽古していました。
1年も踊ってないのに、すごい迫力!
よう覚えちゅうというか、すずめ百まで踊り忘れず、というか、
どこまでも厚かましく、私も一緒に稽古をつけてもらうことにしました。

真ん中のおんちゃん、恰好が変です。
IMG_9293 (1).JPG

汗を飛ばしながら迫力の稽古は続く。しごかれる若手。
IMG_9298 (1).JPG


今から友人の結婚披露宴やというのに、大丈夫ながでしょうか。
汗でお化粧も9割がた流れました。
流れた顔を見て、「いや、きれいになっちゅう」と思いました。
流れたのにです。

きっと今、sakuさん夫婦は恋愛中。
絶対そうや、そうに決まっちゅう。と思いました。
9割がた流れてあれやも。

きれいになっていますが、9割がた流れましたので、このままでは披露宴に行けません。
「美容院の時間で」と送り出しました。

sakuさんも綺麗やけど、お友達の新婦さんはなんぼか綺麗やったことと思います。

この日は、結婚披露宴のあと、sakuさんを囲む会を開催しました。

愛好会だけやのうて、高知を代表する沖縄バンドみぃはいゆさんや、sakuさんゆかりのお仲間も集まってくれて、大勢で囲むことができました。
sakuさんのお人柄です。

会場は沖縄家庭料理のお店『ハブとマングース』さんです。
囲む主役はまだ披露宴会場で不在ですけど、遠慮なしに宴会は進みます。
381933D1-B8D6-400F-93BC-9CD984767549.jpg

高知の披露宴の長さを舐めてました。
3時間みておいたらいいかなと思ってましたが、3時間半後はキャンドルサービスの真っ最中だったようで。
沖縄並みの長さやないですかね。


ハブとマングース、愛称は略して『ハブマン』。沖縄出身のアンマーが出してくれるお料理はどれも美味しくて、次から次へと出してくれて、しかも飲み放題コースを飲み尽くす。
今日の儲けはあるろうか?と心配になります。

揚げ物だけでも、うむくじ天、スーチカの山芋はさみ揚げ、長命草やフーチバーの天ぷら、まだあったけど…忘れた。おいしかったなぁ。

39B8F07B-5541-4988-AD86-02B9CE342FCF.jpg

そして、2時間飲み放題コースの終盤に、主役登場。
B3EBC6C7-0829-4FB8-986E-887C7993B3E5.jpg

sakuさんの登場で、場はさらに華やぎます。

さぁ腰を据えて積もる話を、ということで、誰かが「ステーキ屋へいこう」。
沖縄風の〆です。

ジャッキーならぬ、タイガーステーキへ。
ハブとマングースさんであんなに食べさせてもらったのに、鉄板に乗ってきた結構大きなステーキ肉が、あら、ペロリ、のうなった(なくなった)。

そして、締めどころか。
二軒で終わるはずがない。高知の夜は長いのです。
披露宴が長いということは、単に、飲み始めたら長いということです。

話も尽きません。
sakuさんが新しい家庭を築いて、新しい土地にしっかり根を張っている様子に触れて、一同安心しました。

人間神輿をつくって、「sakuさん、はよここに乗って!」。
人間神輿で夜の街を練り歩こうとしましたが、神輿が千鳥足だったためか、sakuさんは乗りませんでした。
正解です。乗ったら今ごろ入院しています。

sakuさん、ありがとう。
またもんてきて一緒に飲んでくださいね。
エイサーも教えてくださいよ。


hideko+mihoco

posted by 三線愛好会 at 06:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

4月21日(金)あざみの里さんで演奏してきました。

hidekoです。
今日仕事帰りに高知市の北部、薊野(あぞうの)の山際に沿ってくねくねと車を走らせていると、藤の花が緑の中に重たそうに房を垂れていました。春爛漫です。

藤の花に迎えられて着いたのは、あざみの里さん。
今回で3回目の訪問となります。またまた声をかけてくださり、本当にありがとうございます。
この辺りは『あざみ野』という地名ですが、一面にアザミの花が咲いていたことが、地名の由来とも言われています。

訪問の様子をお伝えしたいのですが、朝までちょっと時間を巻き戻してみます。

6:03AM mihocoさんからメールが来ました。
『衣装は、すっと乾く着物(ポリエステルの安っすい着物)でお願いします』とあります。
『はい、了解!』と返事をしました。
返事はいいです。

7:15AM ピンポーンと誰かがうちに来ました。
tomokoネーネーです。今日の音響機材を車に積み込む為に、出勤途中にわざわざ寄ってくれました。
2人でやるとあっという間に終わりました。
全部載せた。OK,OK!

7:30AM 家を出ます。職場に着くまでずーっと今日やる曲を大声で唄いました。誰が見よっても平気です。

日中は一応仕事をしています。
仕事終わったら三線に行ける”と昼間も気合いが入るので、平日夜の演奏は好きです。

5:30PM あざみの里さんに着くずっとずっとずっと手前で道に迷い、離れた町内の住宅街をぐるぐる回る。

6:00PM 藤の花に迎えられてあざみの里さんに到着。集合時間に余裕で間に合いました。

tomokoねーねーが来ません。
『道に迷っています』とのメールが届きました。
後で聞くと、あざみの里さんのすぐ近くまで来てぐるぐる回っていたようです。(高速へ乗りかけたそうです)

本日参加の4名が揃いました。
tomokoネーネー、hideko、イラストレーターAkkoさん、mihocoさん。
いや、びっくりしました。10年越えて愛好会に居座っている4人です。
結構入れ替わりもある愛好会ですので、mihocoさん「あれ?そろそろ辞めんといかんがやろうか」と言っていましたが、何がどうで辞めずにおるがでしょうね。不思議です。

mihocoさん、衣装を忘れてきています(自分がメールしちょいてから忘れちゅう)。
Akkoさんが、「hideko会長がひょっと気を利かせて2枚持っちゅうかも」と聞きに来ましたが、
「あれ、私も忘れて来た」と気づきました。気を利かすどころか無益です。
10年越えたらこうなります。

セッティングです。キーボードは持ってきたけど、脚を忘れた(そういえばうちの車庫にあった)。
「上があったらどうとでもなります」と動じないmihocoさん。
10年越えたらこうなります。(小さい丸テーブルに乗せて、バランスとりもって、曲芸のように弾いていました)

「何かお手伝いすることはないですか?」と職員さん。
あざみの里の職員さんは、本当に気遣いができて、且つよく動きます。
見習いたい10年越え居座り組です。

7:15PM さあ、演奏開始です。
じゃじゃーんと幕が開くと、そこは月に一度のサロン≠フ夜です。
いつにも増してのご馳走が並び、ご家族様も見えられての会食です。
丁度ステージ前では、お孫さんでしょうか、おばあちゃまと一緒にテーブルを囲んでいます。
微笑ましい限りです。そんな場所へご一緒させてもらえることはなんと嬉しいことでしょう。

張り切っていきましょー!
IMG_6950.jpg

って真ん中の人、仕事着やし、刈り上げで、どこぞのおんちゃんみたいなです。
10年越したらこうなります。

でもおんちゃんもおばちゃんもがんばりました。
オジー自慢のオリオンビール で乾杯。
海の声 
安里屋ゆんた
童神
南国土佐を後にして
唐船ドーイ

先日亡くなった名誉県民のペギー葉山さんの南国土佐を後にして≠ヘ、いつもいつもどこの高齢者の施設へ行っても一番喜んでいただけます。
ペギー葉山さん、高知県民に素晴らしい財産を残してくださったと心より感謝です。
今夜も、後ろの方のテーブルのお父さんも、大きな口を開けて一緒に唄ってくれているのが見えました。
ペギーさん、こんな様子を天国から喜んで見てくださっているのではないでしょうか。

ペギーさんのお蔭もあり、利用者さんご家族さんとの楽しい時間は無事終了です。

8:00PM 私達にもご馳走が!
IMG_6952.jpg

片付けを終えた後は、こうして私達にまで、おいしいご馳走を振舞ってくださいます。
あざみの里さんにおじゃました時の楽しみの一つになっています。
タケノコ炊き込みご飯やイタドリの炒め煮等の、春満載のメニューでした。

春満載を頂きながら、10年越えは話に花が咲いています。
「今は職場やったり、趣味の仲間との人間関係やけど、人生の最後は、こうやって施設の職員さんとの関りになる」
「私はエンディングノートを買うた」
「どんなこと書いたらえい?」

こんなことで盛り上がりゆうらあて、とても愛好会ニューフェイス達には言えません。
辞められます。

9:00PM hideko邸に到着。
4人で協力して音響機材を車から降ろして片付けます。
4人でやると更にあっという間。
協力し合う10年越え。

道に迷うてぐるぐる回るし、忘れ物はしまくるし、エンディングノートの話で盛り上がってしまうけど、
20年越え、30年越えを目指したいと思います。

あざみの里の皆さま、本日はどうもありがとうございました。
またご縁がありますように。
hideko











posted by 三線愛好会 at 00:08| Comment(0) | 演奏してきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

古民家カフェ「杉や」さんのプレオープン


春爛漫ですね。
高知では、今までにないくらい桜の開花が遅れ、4月半ばになっても、まだチラホラと桜のピンクが楽しめています。

4月15日には、田んぼ部も始動しましたよ。
6387103D-B2E7-4BD2-B595-5930417BC6E3.jpg
ビニールドームの中には、籾蒔きが完了した苗床がどっさり入ってます。稽古日でもあったので、最小人数での作業になりましたが、今年も皆でお米づくりをやりますよ。棚田の絶景で。その様子もまたお伝えできればと思います。


さて、4月15日は、以前からとても楽しみにしていた日です。なにしろ、愛好会メンバーのRicaさんが古民家カフェをオープンするにあたり、プレオープンイベントに呼んでくれたのです。

佐川駅から酒造司牡丹さんの趣ある白壁をかすめたら、もう到着。


20DB31C3-2D4C-42FC-ADCC-FB7F50B4619C.jpg
杉やさん。
母屋はやはり白壁、カフェ棟は増築されたそうで、歴史の街、佐川の景観を引き立てていました。

わたしmihocoは田んぼのあとで合流したので、到着したらこんな感じ。
タダ酒をご馳走になっているメンバー。1232C0F7-1F81-492F-B7F2-1B79DD23C63C.jpg


72DC1D33-AA88-4DB2-986C-E7B8EC529BF8.jpg
店主のRicaさんと、生ビールを注いでいるのは愛好会ニューフェイスのナイスガイ、ひこにゃん。


ゲストのためのお料理づくりに忙しいのに、私たちをウゲてくれてありがとう。
数日前、お酒をどっさり仕入れたRicaさんは、ご主人に「こればぁで足るわけがない」と言われ、倍増してくれたと聞きました。
ご主人、愛好会の生態をよくご存知ですね。

ニューフェイスのひこにゃんは、愛好会のお姉様方のためにせっせと笑顔で働いています。
要介護状態になっても、愛好会には出てこれるような気がしてきました。
そのためには、若い人をもっと大切にしよう。
そうしよう。
いい方が入会してくれてよかった…!


店内にはご夫婦の趣味が詰まっているそうです。
67833F66-0D49-45C4-ACC2-B0ED872360F5.jpg
キャンパーのご夫婦、蒔きをくべるのは日常の光景のようで、この暖炉は店内のインパクトになっています。

42562FEF-482A-4B7A-9795-A046039F9AEE.jpg
手入れのされたお庭を眺めがらのランチや宴会。
いいですよね。
これから新緑で更に美しくなりそうです。

夜のお庭も雨に濡れていいですし。
6BEA267E-217E-4BC3-ACA7-394869BFCA1C.jpg

プレオープンイベントに招かれたお客様は、ご夫婦のお友達。定刻には満席となり、わたしたちの演奏が始まりました。

「オジー自慢のオリオンビール」で乾杯の音頭をとらせていただき、
「かなさんどー」や、「海の声」。
海の声はどこへ行っても人気です。

ビール休憩をとりながらの3部構成ですから、まぁ、慌てずいきましょう。

第2部は、店主のRicaさんが厨房から出てきてくれての「安里屋ゆんた」。

B422A1B7-7024-48E8-B060-8E8BF3DF53C0.jpg
7C1F200F-2EA3-4FA5-AA3A-39597EAF028B.jpg
めでたいことも。「春の唄」、今回は止まりませんでした笑

少し飲んだくらいの方がリラックスできていいのかもしれません。
と、飲酒を合理化。

男性ユニット、ニーニーズの「三線の花」、エイサー太鼓もご披露し、アンコールでは「涙そうそう」や「島唄」を演奏させてもらいました。

B609C058-AAF1-4A0B-BAAC-347351C4F164.jpg

お酒が進むにつれ、ゲストさま達のノリもぐんぐんよくなります。
さすが高知。一度会ったらみな友達。
ニューフェイスのひこにゃんも、ご主人の同級生にたっぷり可愛がってもらってます。

D865D25C-40C8-406A-AF0F-0FEBC0DD357C.jpg

Ricaさんがつくってくれるお料理がとってもおいしかったのですが、なんで誰も一枚も撮ってないのか。。残念。
器も古民家にマッチングしていたのですよ。


サーモンのカルパッチョ
鯛のお刺身
カツオのタタキ
鯛めしのおにぎり
エビとマッシュルームのアヒージョ
タコの唐揚げ
もつ鍋
ラフテーの煮込み
手羽の燻製(これ絶品)
酒粕プリン
(すっとそこに見えゆう酒造司牡丹大吟醸の酒粕×地元吉本乳業の地乳使用=地域の活性化を考えてるRicaさんならではの一品)

まだまだいっぱい!忘れた!

改めてRicaさんを知ることになりました。
お料理ができて、切符良し、頭良し、センス良し、超キュート、馬力があって酒が飲める!
高知のはちきん代表ですねー。

「定休日は火曜日にしたら?」とご主人。
愛好会の稽古日が火曜日です。
「え〜っほんとに?そんなん初めて聞いた。かまんが?」と素直に喜ぶRicaさん。

そうか、はちきんやのに可愛げがある。
だから最強なのか。
勉強になります。

素敵なご夫婦がつくられた、素敵なカフェでした。ご夫婦には人生の楽しみ方を教えてもらったような気になりました。

D2F611F1-566F-4A41-A830-DBB64A34E9B2.jpg

古民家カフェ『杉や』

オープンは少し先の平成29年5月26日(金)
営業時間は、11時から21時
住所は、高岡郡佐川町甲1412-3
駐車場は、こぢゃんとありましたよ

はよオープンせんかなぁ。


mihoco
posted by 三線愛好会 at 06:06| Comment(0) | 演奏してきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする