2015年07月02日

第10回定期演奏会その2

さて、いよいよ・・・・第2部の始まりです。(ゴクッ・・)

このたび結成された、民謡部による、『白雲節』と『川良山節』です。

まずは白雲節。
IMG_6043.JPG
さすがの安定感。民謡部は他の曲を練習している合間に、
ものすごい集中して合わせていたのが印象的でしたが、
本領発揮されてました。

そして、『川良山節』
愛しい人に会いに行くため、この山を拓いていくぞ!という気概を
踊りでも見せようと、練習を重ね・・重ね・・・重ねました。
手作りの鍬を持ち歩くたびに、奇異な目で見られたこともいい経験でした。
浴衣をすそ上げし、なんだか少年ぽくなった人。温泉街の観光客みたくなった人。
舞台に出ていたっとき、みなさんの笑い声を聴いて
「やってよかったよ〜(;O;)」と既に感無量でした(笑)



そして・・・やってきました。
今回の企画モノ。
その名も
『ゆいレールメドレー』
※ゆいレールとは、那覇空港から首里までを結ぶ、沖縄の都市モノレールです。

この企画の出発点は昨年の定演のアンケートでした。
みなが主役になれるものを考えていたとき、思いついたのです。

発案者(どっさん)は、天啓だったのか、朝4時に目が覚めて(!)一気に企画書を作成。
その鉛筆書きの企画書を見た面々。朝から爆笑。
これは、やるしかないねぇと始動しました。
初めて舞台装置(?)セットを作り、5月には沖縄ロケを敢行(しかも一名で)。
ゆい〇ールの方や、乗客のみなさんのご迷惑にならないように、
一日乗車券でひたすら撮影。。。沖縄在住の友人にまで出演いただき、
また本職の方々にも、セットや映像などお力添えをいただき、この企画を行うことができました。

IMG_6049.JPG
一気に練習曲が15曲増えたのですが。。。
アレンジを加えたり、四国の三線仲間に教わった踊りを交えたり、
小芝居で笑いを取り入れてみたり・・・。
できることは何でもしてみました。
この企画、練習してる時から笑いが止まらず、個人的に舞台上でも笑ってしまう程
大好きな演目でした。
一人一人が、自分が今できることに挑戦できたことが何よりありがたかったです。


そして、一気に最後のエイサーの曲へ。
まずは、『エイサーシンカ』
image1.JPG
今回は、エイサー隊が6人になりました。
昨年は3人だったのを考えると、より華やかに!
(会長自らエイサー隊に加入!!)
エイサー経験があるどっさんが、一から本当に手とり足とり教えてくれ、
四股を踏むところから始めたのは冬でした。
太鼓の音が揃い一つになる喜びも感じることができました。
それを支えてくれる地方・地謡。


フィナーレの『唐船ドーイ』は、観客のみなさんにも
カチャーシーに参加してもらい、みんなで右へ左へかきまぜて〜。
こんな楽しい空気を共有できて幸せだと思いながら、
全力で唄い、踊りました。

そして、ありがたいことにアンコールまでいただき、
みんなで『アリッ!乾杯!!』できました。
IMG_20150627_181217.jpg



本当に幸せな時間を過ごすことができました。
忙しい中時間を作り見に来てくださったみなさま、
心の中で、応援してくださったみなさま、裏方に徹し支えてくださったみなさま、
一人一人に衷心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。
そして、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

本当に、本当にありがとうございました。

1435666704590.jpg
(打ち上げ風景@西村商店さん)
posted by 三線愛好会 at 20:28| Comment(0) | ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第10回定期演奏会その1

mihocoさんよりバトンを受け継ぎ、ここからsakuがご報告させていただきます。

今回の定演。各人が新しいことに挑戦した定演でした。

座開きは、今年も『かぎやで風節(かじゃでぃ風節)』

曲が始まり、踊り手が歩み始め、幕が上がります。
この時、初めて私たちはお客さんを舞台から目にするのですが、
緊張感と感動で震えそうになりました。
そして、演奏を終え、お辞儀をしたんですが、あまり記憶が・・・。
緊張のあまり、記憶が飛んでいることを記事を書きながら実感(笑)
断片的です。すみません。

次は『サーサー節』
大人な唄を女性たちが紡いで、魅せてくれました。
IMG_6051.JPG

今回、新しい演目が!!
そう、いつもおなじみのゆんたくネーネーズに圧され気味(?)の男性陣が
「いっちょやったりますか!!」とニーニーズを結成。
ネーネーズ達に「いつもより生き生きしちゅう!」と驚かれるほど練習と武者修行を重ね、
洋楽をアレンジして、披露してくれました!!
IMG_6040.JPG

そして、やはり、ゆんたくネーネーズも負けてはいられません。
愛好会女性陣、盛り上げていきますよ〜☆
IMG_6042.JPG

他にも、日頃高齢者施設などでの訪問演奏をさせていただく機会も多いので、
活動報告がてら、『夏の思い出』、
そして高知県民の血が騒ぐ(笑)『南国土佐を後にして〜よさこい鳴子踊り』!
春ラララのリベンジの舞台で、ペギー〇ギハラは、唄い切ってました!
カッコ良かった!(私は真後ろで勇姿を見てましたよ!)

そして、編曲をして全員で挑んだ『島唄』
この曲ほど必死という言葉が似合った曲はありません(笑)
自分で新しく楽器を購入する人。見たこともない楽器に挑戦する人。
この曲のためにさまざま教室に通い、たくさんの人にアドバイスをもらったり・・・。
みなで創り上げた『島唄』は、
演奏しながら「あーー、もう少し演奏してたいなぁ」と思いました。

・・・え?はよ終わってくれって思ってた?
この曲があるから定演休んでやろうかって思った人もいる?

・・・・感じ方は人それぞれでしたが(笑)
この曲が持っている力を感じながら、みんなで一生懸命奏でたことは間違いありません。


ここで、やっと1部が終了・・・。
ふーーー。・・・。一瞬のように感じました。

休憩がてら、今年もやりましたよ!
愛好会の定演で2年連続採用され、今後も定着していくかと思わせた、
うちなーぐちラジオ体操!!
みなさん、さー一緒に!!
てぃーち!たーち!みーち!ゆーち!
IMG_6055.JPG
観客のみなさん。昨年の「・・・なんじゃこりゃ?」状態から一変(笑)
みなさん、積極的に手を動かしてくださってました。
何人も立って一緒に体操してくださり、感激です!
少し会場もホンワカ空気(笑い要素多め)になったところで、いよいよ2部です。

今回の1部は、大人しくしてました。はい。
今回の2部・・・本気度が試されたモノになりました・・・。
・・・つづく。
posted by 三線愛好会 at 00:51| Comment(0) | ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

第10回定期演奏会を終えました


ご報告と御礼

11412334_653579424776887_5995639958270317064_n.jpg

定演からはや4日。
6月27日(土)に高知県立美術館ホールにて第10回定期演奏会を開催し、無事に終えることができましたのでご報告いたします。

いつも通り、梅雨時季の開催です。
朝から珍しく青空の日、夕方からはやっぱり雨になり、今年も足元の悪い中の開催となりましたが、たくさんの方に足を運んでいただくことができました。

昨年に続いて、満員御礼。
なんとありがたいことでしょう。
本番前に、舞台袖から客席をチョロチョロと覗いた時の感激といったら…。

座れず立ち見の方もいらっしゃる中、皆さんのご協力により、ポツポツを空いた座席を詰めていただき、皆さんに座っていただくことができました。ありがとうございます。ホッとしました。チケットの売り過ぎはせっかく来てくださった方に不便を強いることになったり、ホールの最大収容人数を超えての開催は消防法に触れますから、結果やはり皆さんにご迷惑をおかけすることになります。

そのため、演奏会の1週間程前からは、チケット係は売れ行き具合を1枚単位で把握し、来場者数を推し計りながら販売ペースを調整してきました。
満員のお客さんに喜ぶ一方で、前売り券や当日券をお求めいただけなかった方もいらっしゃると思われ、申し訳ありません。

今回ステージに上がって演奏をした愛好会員+準会員が15名ほど。皆仕事や家庭とのバランスをとりながら楽しんでいるので、会員数には増減があります。今年は数の少なさをいかにしてカバーし賑わっているように見せるか?というところが重点課題でありまして(笑)、演奏のみでなく、踊りや映像や小芝居やエイサーなどを取り入れて、できるだけお客さんに楽しんでいただける演奏会を目指しました。

愛好会の持ち合わせでは到底実現できない範囲であり、今年は例年以上にたくさんの協力をいただくことになりました。

元愛好会員( 司会・会場飾りつけ・演奏・ステージ転換 )
三線仲間 ( 映像編集・琉装拝借・ボイトレ・チケット販売 )
知人・友人( 演奏賛助・編曲・舞台道具の制作・倉庫拝借・楽器拝借・ステージ転換・チケット販売 )
職場の同僚( 着付け・受付・エイサー )
家族   ( ステージ転換 )
母校   ( スコア拝借 )
元職場  ( 楽器拝借 )
他団体  ( 楽器拝借 )

県内外の三線仲間にも駆けつけてもらい、打ち上げまでご一緒できたことも、最高でした。

ステージ転換を手伝ってくださった方々には当日のみでなく、事前のリハーサルからの参加をお願いし、重要で大変な部分を助けていただきましたし、舞台道具の制作にあたっても組み立て→保管→演奏後の解体まで、時間と労力をかけてくださいました。多くの方々のご協力あってこその無事の開催であったことを痛感しています。当日はバタバタとする中で十分なお礼をお伝えすることもできず申し訳ありませんでした。

本当にありがとうございました。
改めて感謝の気持ちをお伝えできればと考えております。

演奏は?

追々、ご報告していきたいと思います。

つづく

mihoco

IMG_0770.JPG
posted by 三線愛好会 at 23:09| Comment(0) | ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする