2017年07月23日

7月21日 「在宅介護サービスセンターわかくさ」さんのお祭りへ

高知は梅雨明けし、本格的な夏がやってきました。
この日は平日。仕事が終わって、西日をガンガン受けながら車を走らせます。
着いたところは、今回初めて呼んで頂いた、「在宅介護サービスセンターわかくさ」さんです。
まあ大きなお祭りだったことにまずびっくり。屋台もたくさんでています。
IMG_9418.jpg
お面も飛ぶように売れて。
お面.jpg

ご利用者さんはもちろんのこと、近隣の小学校、保育園、地域の方々でごった返すほど賑わっています。
食べ物屋台だけではなく、ゲームコーナーも大人気です。親子で楽しんでおられる方もいます。
地域に根差した事業所さんなんだなあと、つくづく感じました。

スタッフさんもすごく感じがいいです。担当の方とお話をしていると、この愛好会ブログを見てくださっているんだとか。三線に興味があるそうです。ブログも書いてみるもんですね。
えっちーさんが、「どうぞどうぞいつでも見学にきてください」と勧誘しています。
「変わった人達です、とは言うちゃあせんきね」とのこと。そうそう黙っちょくのに限ります(一瞬でバレますが)。

お隣の保育園の園児さんの竹太鼓の演奏で幕が開け、フラダンスや歌謡舞踊のグループなどが、お祭りに花を添えていました。
愛好会も花となったでしょうか。
バタバタと準備中。
準備.jpg

演奏中はお客様にも一緒に盛り上げてもらいました。写真にはありませんが、フランクフルトをマイクにしたお父さんが、特に楽しかった。MCまでしてくれていました。「よっしゃ、わかったき、次いこ!」。はいっ、長々と曲紹介らぁせられません。次です次っ!笑。

次!次!とフランクフルトのお父さんのMCで曲は順調に進み、無事終了。
ホッとして屋台のご馳走を頂いています。
夕食.jpg
「愛好会におったら孤食にならいで済むね」
「ほんとや、こ〜んなに大勢」(確かに笑)
IMG_0734.jpg
と言いながら食べています。
私の今夜の晩ご飯です。野菜もちゃんととれています。
豚汁.jpg

孫の為に買い物しているメンバーもいます。
焼き鳥.jpg


「また来てください」とスタッフさんに言って頂き、気をよくして帰宅の途に就いた私達です。
わかくさのみなさま、またの機会を楽しみにしております。どうもありがとうございました。
集合.jpg

by hideko



posted by 三線愛好会 at 13:49| Comment(0) | 演奏してきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

7月15日 デイサービスセンターあいのさんに呼んでもらいました

三線愛好会ブログのトップには、
「下は高校生から、上は果てしなく、ちょっと変わった人達が集まって」とあります。
が、文章を変えんといかんなりました。

「上は果てしなく」と「ちょっと変わった人達が」は変更なし。
変更は、「下は〜」の部分です。

「下は高校生から」でしたが、「下は赤ちゃんから」に変更。
だってホラ。
IMG_9698.JPG

育児サークルやないですよ。愛好会の稽古ですよ。
三線が側にあるでしょう?
IMG_9696 (1).jpg

3歳にもなると、大人に交じってエイサーの稽古もします。
IMG_9697.JPG

後輩たちは遠くでそれを見学です。
IMG_9695 (1).jpg
「オレらぁも、そのうちやろうぜ」と言っています。

さて、梅雨がもう明けたかの様な、爽やかな夏空の土曜日、毎年声をかけてくださる、デイサービスセンターあいのさんに今年も呼んで頂き、喜んで出かけてきました。
ね、夏真っ盛り!
ひまわり.jpg

実はこのひまわり、あいのさんの玄関を飾っていた作品です。素敵でしょう?
センスがすごくいいのです。

私たちを迎えてくださる時に、バックにいろいろな装飾をしてくださっているのですが、
今年はこれ!
シーサー.jpg
シーサーが三線を弾いています。
いつもお心遣いいただき、本当に嬉しく思っています。ありがとうございます!益々気合いが入ります!

「三線愛好会さんがまた来てくださっています。みなさんが知っている童謡なんかも用意してくれているようですよ」と私たちが準備中に場をつないでくださっているのが聞こえます。

今日の目玉は、「海メドレー」と「夏メドレー」です。
うみ(♬海は広いな〜)➡海(♬松原遠く〜)➡我は海の子(♬我は海の子白波の〜)➡海の声(♬空の声が〜)。
夏の思い出(♬夏がくれば思い出す〜)➡椰子の実(♬名も知らぬ〜)➡金魚の昼寝(♬赤いべべ着た〜)➡故郷(♬うさぎ追いし〜)
おんぶで.jpg

あれ?mihocoさん、背中に何かかわいいものがおります。
そうです。「下は赤ちゃんから上は果てしなく」とはこのことです。赤ちゃん≠焉A果てしなく≠燗ッじステージに立っています。生後3カ月の赤ちゃん、ステージデビューです。当然やりましたよ、童神も。

寝んね.jpg
これは控室でねんねしているところ。椅子の上にゴロンと寝かしていたら、職員さんが、お布団を持ってきてくださいました。お布団の上でご機嫌です。職員さんのお心遣いがありがたいです。

母は踊らんといかんですので、おんぶできません。
後ろから.jpg

エイサー正面.jpg

母がおんぶできなくても、愛好会には、おばあちゃんもおじいちゃんも、おばちゃんもおんちゃんもどっさりおります。
mihocoさん、ずっとおんぶのまま楽しそうに演奏しています。

楽しそうなのは、mihocoさんだけではありません。
演奏後の記念撮影で、一番人気だったのは、赤ちゃんでした。
「まあ、可愛らしい」「よう肥えちゅうぞね」
「こりゃえいかね、横ったになっちゅうが(おんぶで斜めに体が傾いているのを見て)」
と目を細めたり、心配したり。

一緒に歌ったり、手踊りや、パーランクを鳴らしてもらったり、愛好会の孫まで可愛がってもらって、私たちもとっても楽しいひと時でした。ご利用者様、スタッフの皆さま、どうもありがとうございました。スタッフさんには、定演にもお運び頂き感謝しております。

夏の暑い季節となります。お体大切にお過ごしください。またお会いしましょう。
“孫”がどんなに大きくなっちゅうか、楽しみにしていてください。(mihocoさんの背中で“横った”になっています)
集合.jpg


by hideko

posted by 三線愛好会 at 00:41| Comment(0) | 演奏してきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

7月1日 三宝荘さんの七夕まつり

たなばた様、と聞いただけで、なんかロマンチックな気分に浸れるhidekoです。
今年も三宝荘さんが、七夕まつりに呼んで下さいました。
皆さまとは、まさしく一年に一度会えるたなばた様のようです。

今年も盛大なお祭りが開かれていました。
利用者様や、ご家族様、またご近所の方でしょうか、たくさんの方々で、賑わっています。

広い中庭には緑の芝生が広がり、特設ステージでは、フラダンスや、かわいい子ども達のバトントワリングのチーム等、縁のある団体さんの出し物が目白押しです。
子どもさんの一人が「N小学校の1年生!」と言っていました。三宝荘さんの地域の小学校です。
地域の方々が、三宝荘さんを中心にして、つながっていることを感じました。いいですね〜。
出番を待ちながら、自分たちも出し物を楽しんでいます。
Kさん、舞台袖でフラダンス中(手の表情に注目)。
準備中.JPG


いよいよ自分たちの番です。今回は定演で披露した曲を中心に、たなばた様の唄も織り込みながら、楽しんでいただきました。
春の唄、童神、たなばた、オジー自慢のオリオンビール、唐船ドーイ。
演奏中.JPG

一緒にカチャーシーも踊って頂きました。2階からも応援してくださっているのが見えて、すっごく嬉しかったです。

最後は職員さんの出し物、そして美しい花火で締めくくりでした。
えっちーさんが、「花火を見てる利用者さんが、とってもいいお顔をされてましたね」と言っていました
利用者様だけではなく、こうしてお邪魔させてもらった私たちにとっても、素敵な時間でした。

ホラ、いいお顔≠ナす。
記念撮影.JPG

三宝荘の皆々様、今年も素敵な七夕をありがとうございました。
私たちにいつも声をかけてくださり、感謝しております。
揚げたこ焼き、おいしかったです。ごちそうさまでした。

またお会いできますように。。。。。



posted by 三線愛好会 at 19:44| Comment(0) | 演奏してきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする