2019年02月07日

【高知県盲ろう者友の会−新年会−】にて

2019/1/27(日)は、高知プリンスホテルで行われた【高知県盲ろう者友の会−新年会−】での、今年一発目の演奏依頼でした(°´˘`°)

私を通しての演奏依頼。
聴こえなくても見えなくても、沖縄を感じてもらいたい。楽しんでもらいたい。その思いで、会長のmihocoさんや新年会の担当者さんと相談しながら、選曲・段取りをしてドキドキしながら臨んだ演奏。
今回は、参加したメンバーから感想を募ってみたので、それを織り込みながらの回想です(-´∀`-)


みんなが口を揃えて話してくれたコト。
“一緒に出来て嬉しかった!!”

『エイサー太鼓の体験コーナー。楽しんでいただけるのか不安もありながらでしたが、会場の皆さんが笑顔でパーランクを叩いてくれて、その時は心から嬉しかったです。その後の「国頭サバクイ」では皆さんの太鼓のリズムに合わせて演奏が出来て、一体感に満たされました』 by mihocoさん

『体験コーナーやカチャーシーで、どうぞーって言うと積極的に出てきてくれたのが嬉しかった』by hidekoさん

『最後にみんなで「ふるさと」を歌えて良かった。手話で歌えるようにしたいです』by Tネーネー

手話唄を取り入れた演奏では、みんなそれぞれ、自分の表現で「涙そうそう」「海の声」を一緒に唄ってくれました。
いつも演奏隊の前に立って、手話をしているあすみん。メロディーがはっきり聞き取れないので、なんか「演奏」と「手話」……ポツンポツンと存在してるようなイメージだった。
でも、この日は違って。
歌詞に込められた思い・自分の気持ちを手話で表現するあすみんの目の前に、同じように表現する人達がいる。それも、いっぱい(*´˘`*)
その人達のおかげで、私には “音” ではないカタチで演奏隊の “音” が響いてきた。いつも本当は、私もみんなと一緒にやってるんだ、って感じることが出来た。
手話に音楽を教わりました。

20190207112507016.jpg
パーランクの叩き方をレクチャーした後、みんなにも参加してもらって「国頭サバクイ」を演奏。いつもより豪華な演奏隊のおかげで、思いっきり踊れたよ。

20190207115954728.jpg
手話って便利で。mihocoさんのMCを通訳してくれたり、その時に思いついた質問・感想など、喋らなくてもあっち(客席)とこっち(あすみん)でやり取り出来たり。
海の声の間奏中、「泣いてるよ」って言われて、誰?って返したところ、泣いてた人が判明。hidekoさんでした。笑笑


演奏の合間のMCでのこと。
『「うちの明日美がいつもお世話になっています」とマイクを通してご挨拶しました。その時の会場の皆さんのあったかい笑顔や拍手がとても印象的でした』by mihocoさん

今回、新年会に参加していた方の中には、普段一緒に手話サークルの活動をしたり、手話を通して交流をしている知り合いの方が数人いて。
そこでは、手話が飛び交って、表情豊かな「顔のおしゃべり」があって。
ジェスチャーゲームや伝言ゲームになると、いつも、なかなかの高評価をもらうあすみん。
手話は使用禁止!!という条件で表現した渾身の『タコ』と『動物飛び出し注意の看板』は、大ウケで。笑笑
そういう世界が、楽しいなって思う。居心地が良いなーって。素直に言葉に出来るからかな。
時々、何も気にせず、どこでも誰にでも手話で話したいなって思うことがある。意味が分からなくても良いから。使える相手が増えたら嬉しいなぁって、漠然とね(-´∀`-)

20190207120416678.jpg
自分で見ると、恥ずかしい。笑


『演奏を楽しんでもらえているのが伝わってきました。唐船ドーイでは一緒に盛り上がれて嬉しかったです』by chikaさん

本当にそうだよね。
それが一番(°´˘`°)

こんなにキラキラ輝かせてもらえる演奏って、何回も何回もあるわけじゃない。私達も輝いて、聞いてくれる皆も輝いたよね。
改めて “音楽” の楽しさに気づかせてもらえて。自分達がどんな風にお客さんと繋がりたいか、繋がっていけるか……考えるきっかけを作ってくれて。
本当にありがとうございました。

また一緒にやろうね。音楽♪
その人にしか奏でることの出来ない音楽がきっとある。
定演でも、沖縄を感じに来てね@(・●・)@
あすみんも、あすみんにしか出来ない音楽を探しながら、もっとたくさんの人が楽しめる音楽のカタチを定演の中で表現する!!

20190207121552008.jpg
いつも、全力でエイサーを踊れるワタシでいたいな。いつでも、愛好会らしいエイサーを。

20190207121845855.jpg
次は、一緒に何しよう??
posted by 三線愛好会 at 12:22| Comment(0) | 演奏してきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

【お遍路ハウス33】の認知症カフェで

あすみんが、いつも思うコト。
「このブログって、どんな人達が読んでくれてるんだろ……」
誰に向けて綴ってるのか分からない、っていうのは、ちょっぴり寂しい。だって、その顔を思い浮かべながら言葉を選ぶことが出来ないから。
でも。だからこそ。“その日感じたコト” をそのまま書こうって決めてます。
他のメンバーみたいに上手く纏まってないけど、でも、私の感想(*´˘`*)


2018/12/12は、四国八十八ヶ所第33番札所〈雪蹊寺〉近くにある【お遍路ハウス33】(ゲストハウス)の認知症カフェで演奏させて頂きました。

この日、急遽参加してくれることになった沖縄県那覇市出身のシティガール、さっこ。
実は、一昨年まで高知大学のサークルで一緒に活動していた、あすみんの後輩にあたります。

20181224081806477.jpg
パッと見ただけだと……さっこ(右)が先輩で、あすみん(左)が後輩みたい。笑笑

演奏の直前に参加が決まり、短期間で準備・練習してくれた彼女。
会長mihocoさんからの「コレできる??」「アレもやってくれたら助かるー!!」のリクエストを、スラスラこなしていく。エイサーは勿論、大太鼓やグロッケンまで。
ほぇーーーーっと、ただただ驚愕・尊敬のあすみん@(・●・)@
当日の演奏・演舞は、さっこが加わってくれたおかげで彩り豊かになりました。なんて言うんだろ……サボテンの中に一輪の花が咲いた感じ。

さて、そんなさっことは裏腹に。
私は、“臨機応変” がとっても苦手です。笑
苦手というか、そもそも “臨機応変” に動く機能が備わっていないんじゃないかと思うくらいに苦痛。笑笑

例えば、愛好会としての演奏がある日。
私は頭の中に「演奏」っていう絵を描く。曲順・担当・立ち位置……その景色を思い浮かべて、その絵の中で動いてく。

20181225011212047.jpg
今回だったら、こんな感じ。この景色の中で、番号と担当に従って、私っていう “点” が動いていく。

この通りになら「演奏」出来る。
でも、この日は突発的なハプニングで演奏が一時中断。再開するまでの間、隅っこで待機していると……「『ふるさと』は無しにしまーす!!」というmihocoさんの声。
うんうんと頷くメンバーの中で、私はパニック。頭だけ、うんうんしてるけど、何も分かってません。笑笑
すかさず「ねぇ、他の曲は全部やるの??曲順は同じまま??もし、やっぱりやろうってなったらどこでやるの??」と質問。
後日、mihocoさんに「なんでそんなコト聞くの??って、不思議やったわ」って言われました。ナシになっただけやん、そのままの意味やん、って。
……いや、大事やん!その情報!それ無しでどうやって『ふるさと』のナシになった演奏を続けるん!って、私は本気で思って、泣きそうだった。笑

描いた絵の一部が崩れるコトは、私にとってその景色そのものが歪むコト。
mihocoさんはじめ、他の人の頭の中ではどんな風になってるか分かんないけど、きっとこんな感じなんだろうなぁ(°´˘`°)

20181228235503652.jpg
これが私にとって描ける「演奏」で、その中の一つでも違ったり変わったりすると、演奏そのもの(青い枠)がぼやけちゃう。

知らない場所に行くということ。
急な変更があるということ。
みんなのペースで動かなきゃいけないということ。

演奏に参加するってコトは、私にとって何回経験しても毎回 “初めて” って感覚。
あすみんの頭の中では、いつも色んな妖精さんたちが会議をしてる。どーする?どーする?って。ちっちゃな!・?に立ち止まっては、じーっと考えて、私の世界とみんなの世界を繋ごうと一生懸命に動いてくれる。

唄や三線、エイサーなどなど。メンバーによって、その日の目標とか頑張りドコロって違うと思います。
私は、音楽や演奏とは全く関係の無いトコロで、みんなにとっては頑張りドコロでもなんでもないトコロで、でも、あすみんなりに闘ってる。笑
しんどいって感じることもあるけど、それが上手くいって、演奏も演舞もニコニコで終われた時。
聴いてくれた人達の笑顔は、とってもキラキラしてるの。
そんな演奏が増えていったらいいな、って思いました。
おしまい(*´∨`*)

by あすみん
posted by 三線愛好会 at 23:57| Comment(0) | 演奏してきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月16日

ボランティアグループ『ドミンゴ』の忘年会に呼んでいただきました

子ども食堂ならぬ、高齢の方へのふるまい料理を続けている『ドミンゴ』さん。
はりまや橋商店街で月に一度、第3木曜日に活動されています。

mihocoはここ2年ほど、ドミンゴさんの活動に仕事仲間と共にご一緒させてもらっていて、この度の忘年会では「愛好会の人と来て盛り上げて!」のご依頼に、12月12日、喜んで行ってきました。
この日は昼間の認知症カフェでの演奏を終えて、2本目の本番です。


会場は、はりまや橋商店街からほど近い高知の名店「くもん屋」さんでした。
どれもおいしかったお料理の数々。
DSC09091.JPG



楽器持参で参加されている方々もいらして、自然とセッションになります。
DSC09115.JPG




愛好会の演奏では、
〇安里屋ゆんた
〇オジー自慢のオリオンビール
〇島人ぬ宝
〇唐船ドーイ など


篠笛・ウクレレ・ギターの皆さんとのセッションでは、会場からのリクエストを受けて、
〇涙そうそう
〇花
〇十九の春 など

DSC09101.JPG


大先輩の方々とのセッションは刺激的でした。同じ曲でも弾き慣れたキーはそれぞれ違います。耳で確認して、三線の調弦を手早くするわけですが、あまりお待たせしてしまうと場の温度が下がり始めます。あぁ〜スリリングで楽しかった!

二次会までご一緒させていただいて、交流も深まる機会になりました。ありがとうございます。ドミンゴの皆さん、来年もよろしくおねがいします!


mihoco



posted by 三線愛好会 at 22:37| Comment(0) | 演奏してきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする