2018年12月12日

【四国うたの日コンサート2018】

南国土佐も、さすがに寒くなってきて。
クマさん(・(ェ)・)帽子と、トリさんє(・Θ・。)э››手袋で、街をウロウロし始めたあすみんです。

一ヶ月以上遅れてのブログの更新……すいません‼「書きまぁす」と引き受けたものの、ちょこちょこ手をつけては保存する。その繰り返しで、寝かせ過ぎました。笑


2018/11/3は、日高村にある酒蔵ホールで【四国うたの日コンサート2018】で演奏してきました。

毎年、男性ユニット『てぃびち』のお二人が主催し、私達にも声をかけてくれているこの音楽祭は、私にとって、とても思い入れのあるイベント。
というのも、入会して初めて演奏・演舞した舞台がこのステージだから(°´˘`°)

あれから一年。
私は一つ歳を取りました。当然か。笑
あと髪の毛がグッと短くなりました。どうでもいいか。笑

20181212112709525.jpg
珍しい‼みんなが打掛(エイサーの衣装)‼

今まで学校でやってきた “音楽” はことごとく断念してきた私。
歌も(音痴の天才と言って笑われて)。ソプラノリコーダーも(高い音はほとんど分からなくて)。アルトリコーダーも(手が小さくて指が届かなくて)。ギターも(手が小さくて指が届かなくて)。お琴も(ヘラヘラすな‼と叱られて)。

でも、三線は違う。一年間、好きで楽しくて続けてきた。
相変わらず音痴で、手も小さいままで、耳だけでは自分の出してる音も分からなくて、基本的にヘラヘラしてるけど。
それでも、仲良しでいられるのが三線。

この日の演奏は全4曲
@安里屋節〜新安里屋ユンタ
Aてぃんさぐぬ花
B仲順流り(エイサー)
C国頭サバクイ(エイサー)
キーボードやフルートは無し。三線と太鼓のみの「聴かせる(ことが出来るのか!?という問題は付いて回る、とのこと)」構成。笑

20181212114711587.jpg
C国頭サバクイは、初披露の演舞曲。何となくやることになったこの曲だけど、演奏隊・エイサー隊、みんなでカタチにしていった大事な曲。

演奏前、司会のポン川村さんは、なぜか私にマイクを向けてきます。
「還暦祝いもやるそうですね‼」「うんとー、私はまだまだ先なんですぅ」
「沖縄県出身ですか??」「うんとー、よく言われるけど違いますぅ」
やっぱりなんかヘラヘラしながら、三線を弾き始めました。笑笑

一年前、ここに立った時は、まだ、愛好会のメンバーとすらほとんど話せてなかった私。
でも、この日。
「おっ‼あすみん♪」と声をかけてくれる人がいた。「やっぱり、エイサーと笑顔がステキやね」って握手してくれる人がいた。私から「またねー」って手を振れる人がいた。
私にとって一番遠い存在だった “音楽” からたくさんの繋がりが生まれた。嬉しいもん、優しい気持ちになるもん。それが、私が三線を続けてきた理由かもしれないなって、思いました(-´∀`-)

また、ここから一年。
上手くなることよりも、仲良くなること。それを大事にして、三線ともエイサーとも付き合っていきたいです。
そして、私は、どこかで誰かに、私が表現する “音楽” を届けたいです。

20181212120949864.jpg
大切な交流の場を創ってくれた『てぃびち』のお二人。国頭サバクイの振り付けが愛好会のオリジナルっていうことに気付いてくれた司会のポン川村さん。
ありがとうございました(*' ')*, ,)

おしまい
by あすみん
posted by 三線愛好会 at 21:38| Comment(0) | 演奏してきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: