2018年09月27日

9月27日新入会員大歓迎会!@オリエントホテルビヤガーデン

一昨日は、十五夜のお月様を楽しんだ(団子を食べて楽しんだ)愛好会の面々ですが、今夜は十七夜、立待ち月です。
立って待っていると月が出てくるのが、立待月ですが、座りこんでビールとご馳走で平日から昭和レトロなビアガーデンは盛り上がっています。
「いや〜月がニョキニョキ出てきた〜」と屋上ビヤガーデンから月を見ることも忘れません。ちょっとずつ小さくなっていっていますね。私は月を見るのも大好きです。誰と見ても、どこで見てもおんなじ月ですが、愛好会のみんなと見る月は、なんでかちょっと特別感があります。

で、どうして平日からビヤガーデンかというと、今夜は新しく入会した会員の大歓迎会だったのです。ほ〜らね、、、って。自撮りしたら大きく写るのは誰だ?写した人ですわねぇ笑。
IMG_4761.jpeg
(その向こうにちゃんと写っています、新入会員)

いつもお世話してくださるオリエントホテルのYさんも顔を見せてくれました。ほんとにいっつもありがとうございます。
おいしいビールとおいしいご馳走を楽しみながら、立待月をバックに楽しい時間は流れます。

本日の主役は、沖縄県人のサッキ―とさっこさん(名前が似いちゅう!)、そして高知県人のSさん。この3名。
ようこそ高知へ!ようこそ三線愛好会へ!大大大歓迎でございます。

高知におる時間が限られている人もいますが、なんでもいいんです。こうやって愛好会の扉を叩いてくれて、今この時を共有できることが幸せです。
これをきっかけに三線を弾けるようになりたい、という沖縄県人二人。教えます教えます、なんぼでもうちなーんちゅに教えます。笑
高知県人Sさんは、訪れた先で、置いてあった愛好会の定演のチケットがたまたま目に入り、『999円なんて不思議〜』と思って演奏会に来てくれたのが愛好会とのご縁のきっかけだったとか。へぇ〜そうやったがや。ありがたいことです。チケットをあちらこちらに置かせてもらっていたからこそのご縁です。各所のみなさま、ありがとうございます。改めてお礼をいいたいです。

このように、歓迎会では新人さん3名がそれぞれに、三線に対する思いも述べました。りっぱな心掛けやと思います。
愛好会の歓迎会での自己紹介は、歓迎される3名だけではなく、全員やります。以前聞いたことは何となく忘れちゅうというか、なんとなく覚えてないというか、都度聞く自己紹介は、毎度新鮮に聞けます。また、愛好会に来て何年経ったのか、ということが、わずか2〜3年のことでもすでにあやふやになっていることも新鮮(?笑)でした。

新人さんが三線への思いを述べたことに対して、旧人も確かに三線への思いを言いました。しかしながら、「今度の旅行は八重瀬歌舞団(サッキ―の地元)を見に行きたい」じゃの、「栗拾いに連れてって」じゃの、「スキーツアーもやるで!」じゃの、遊ぶことの方が勝っています。それ、自己紹介とは違うし。
とは言え、スキーツアーには、うちなーんちゅのサッキ―もなかなかの食いつきでした。サッキ―もさっこも行こ行こ。沖縄帰ったらそんなに行く機会はないぞね。
IMG_4754.jpg
(ママに支えられて自己紹介中)

そんなこんな話の中で、新人Sさんが還暦ということが判明!それも明日が誕生日。一気に盛り上がる還暦祝いの段取り(以前の還暦祝いブログも見てね)。会場(お店)まで決まり、あちこちで家族もついでに誘うという声も聞こえていました。

Sさんには、還暦祝いライブで、唄三線の披露もしてもらいましょう。(バックバンドがしっかり支えますのでご安心を!)おおの楽しみなちや。

ビアガーデンに蛍の光が流れ始めた頃には、すっかり秋の夜風が吹き、「冷い(ひやい)っ」と言いながら、それでもアイスクリームをかきこみます。
初めての高知の秋を体験するサッキ―は「高知の冬が怖い」と帰り支度に上着を着込んでいました。今から重ね着と上着です(さすがうちなーんちゅ)。
そして、歓迎される3人からも、同じ金額の会費を徴収し、明日は仕事や学校なので、よい子達はエレベーターを降りたところで解散して、それぞれのお家に帰ることになりました。

さっこさん、サッキ―さん、Sさん。せっかくできたご縁です。愛好会での楽しい思い出たくさん作っていってくださいね。

オリエントホテルさん、お世話になりました。ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


posted by 三線愛好会 at 23:34| Comment(0) | ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: