2018年04月23日

さいさい もんてきいよ〜(度々戻って来てね〜)

4月22日の日曜日は、各地で夏日となり、もはや初夏とは言えんような、真夏のような一日でした。
私たち愛好会は、こんな夏日に、こんな素敵な場所で、
こいのぼり.JPG
こんなことを、
高い高い.jpg
していました。

こんな素敵な場所、それは高知市中心部から車で30分ちょっとの、香南市赤岡町弁天座です。
愛好会は今年も弁天座で定期演奏会を開きます。6月23日(土)の14時半からです。ブログをご覧の皆さま、お時間がありましたらぜひ来てくださいね。
で、この日はリハーサル。ぐるぐる.jpg(何かぐるぐる回っています。何の練習でしょう笑)

ぐるぐる回っているうちにお昼になりました。おおっ‼めちゃくちゃ美味しそうなご馳走が‼ごちそう.jpg昆布イリチーに、ゴーヤチャンプルーに、うむくじ天に、イチョーバーのかき揚げに、、、!「沖縄のお盆に親族が集まったみたい」とmegumin。
でもその割に妙にしんみりしている。奥の方に横断幕が。送別会A.jpg
そうながです。愛好会唯一のうちなー人となっていたmeguminが、家庭の都合で急遽沖縄に一家で帰ることになったのです。
横断幕を目にした途端に「あ、こんなの見たら、実感として湧いてきて、、、」と泣き出しました。…あのよ!泣きたいがはこっちやきー!急に沖縄へ帰ってしまうらあて、、、涙。

彼女が愛好会に来たきっかけは、定演にお客さんとして来たことに始まります。「感動して号泣していた」「隣で見ていたお客さんがハンカチを貸してくれた」と聞きました。「私らあの定演を見て感動するって、その人大丈夫ながやろうか」とmihocoさん。「そりゃ望郷の念よ」と私。「演奏やのうてゆいレールの映像やない?(その年は映像を流した)」とカミムラさん。
何やち構いません。来てくれたことがすごくすごく嬉しかった私達です。沖縄の出身ということは二の次です。彼女の人柄です。明るくて、そこにおるだけで周りを幸せにしてくれます。そして、物事を感性豊かにとらえます。心が優しく深い。

ささやかなプレゼントにフォトブックを送りました。芸西村での竹灯のイベントで満月をバックに月ぬ美しゃを唄っている場面。ラララや定演での姿。変わったところでは、メンバーの仕事関係で、講師として講演をしている写真。どれもこれも思い出深いです。どんなにお礼を言うても言い足りません。

「この間、沖縄へ帰った時に、おばあちゃんとカラオケに行って汗水節を唄ったら、”あなたこんな唄が唄えるの?”って喜んでくれて、”高知で習った”って言いました。」
「三線の弾けない沖縄県人だったけど、愛好会で”教えてもらって”弾けるようになりました」
やと。笑
教えました、教えました、愛好会。笑 話は尽きません。送別会@.jpg
「親族が集まっているみたい」「愛好会は親族みたい」とmeguminに言ってもらいながら、涙と笑いで昼ごはん送別会は終了しました。

リハーサルは午後も続きます。リハ.jpgmihocoさん、おんぶでリハですか?おばあ.jpg高知で生まれたこと忘れんとってね。沖縄と高知の懸け橋になってね。

夏日でしたが、弁天座は涼やかな風が吹き通り、冷房も要らず、爽やかな一日の中、リハを終了できました。
丸一日やったき、最後は電池切れ。寝入った.JPG

megumin、2日後には沖縄へ引っ越しです。「じゃ、ちょっと沖縄へ行ってきますね」と赤ちゃんを抱っこしてどっさりの荷物を抱えて、いつものように帰って行きました。実感わかんです。集合写真.jpg

もしかして定演にはもんて(戻って)くる?

hideko




posted by 三線愛好会 at 09:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: