2016年09月28日

「韮生郷」の敬老会で演奏してきました🎶

高知市から北東へ約40キロ。土佐山田町を抜けアンパンマンミュージアムを横目に国道195号線を1時間ちょっとで香美市物部へ。
今回の演奏は、旧物部村にある「韮生郷(にろうごう)」の敬老会にお呼ばれしました。
677E6771-59D2-4914-9A6E-2C502C89AAD2.jpg
F4E600AA-F8AE-41C2-BB4B-87792AE7012B.jpg

入口横には白い彼岸花なども咲いているのどかな風景の中、愛好会から精鋭5人で沖縄の風を感じてもらうことに。

建物に入るとまず目に飛び込んできたのは立派な生け花。hidekoさんの
「わたしとどっちが華があるか、言うてみぃの声をスルーしつつ演奏会場を下見。
9C47EBD0-EBA2-482A-9A53-58017513E988.jpg
hidekoさんと生け花のツーショット

どうやらご家族も招待しての敬老会で、たくさんのイスが並んでいました。全員おのずと気合いが入ります。
おフロもある豪華な控室で入念な打ち合わせと小さな音でリハーサルをやった後、今日も衣装に着替えてさぁ!!
E7B03ED7-6CDD-4927-8395-1398C3C844A7.jpg
練習と準備に余念がない愛好会員たち

ステージ横で待つこと約10分。「つくしの会」のみなさんが歌と演舞で盛り上げているところを見つつ高まる緊張感!
どうやら歌好きの方がたくさんいるようで、キレイな歌声が客席からも聞こえていました。
757A9148-84C7-4C23-A498-1E21415C9870.jpg
熱唱する「つくしの会」

ということで愛好会の出番。
今回のステージは6曲。
44B6CB82-0FEA-4720-BD5F-8D20805B5CD0.jpg
機材をセット中、​mihoさんが会場をあっためます。

まずは、たくさんの沖縄民謡で盛り上げる「民謡メドレー」からスタート!
「てぃんさぐの花」→「安里屋ゆんた」→「赤田首里殿内」→「いったーあんまーまーかいが」とノリのいい曲をテンポよく演奏し、最後に三線だけでスローな「てぃんさぐの花」をもう一度しっとり歌い上げてメドレー終了。
ECDD798C-F6F8-4F3E-A493-237E70944786.jpg

みなさんヒザを手で叩きながらリズムをとったり、たくさんの手拍子で一緒に盛り上げてくれました。

続いて「涙そうそう」、これもたくさんの方が口ずさんだり手拍子をしてくれたりとホントにあったかい会場です。

3曲目と4曲目は、会場と一緒に歌えるよう「南国土佐をあとにして」「里の秋」を続けて演奏。聞きなじみのあるアレンジではなく、三線とキーボードを主体にした沖縄風アコースティックな演奏で、会場と一緒になって歌います。
マイクを持って一緒に歌ってくれたりと、歌が好きな方が多くホント助かりました。
2322426F-A336-4483-8116-81FA1DC6BDDC.jpg
白熱の演奏にみなさん聞き入ってます(^^♪

5曲目「オジー自慢のオリオンビール」で「あっりカンパーイ」をみんなで繰り返した後、ラストは、これなしでは終われないという「唐船ドーイ」をカチャーシーで締めくくり。
みなさん、手踊りのレクチャーを聞いた後、早速一緒にやってくれました。

職員さんも一緒に会場全体で手踊りし、大盛り上がりのうちにあっという間の6曲でした。

ホントにあたたかい拍手や手拍子、そして大きな歓声をいただくことができ、愛好会員5人とも満足感を持って演奏を終えることができました。
03738172-51CD-4F85-8CCF-0AAEE6100E23.jpg
 無事終わって笑顔の5人で記念撮影


衣装から着替え終わったら職員のみなさんに慰労会をしていただき、ケーキやフルーツを食べながら乾杯。今日の盛り上がりをみんなで感謝しつつ、「また来ます」と約束して「韮生郷」を後にしました。

851E7B4A-681A-4F98-91A7-6888A29189C6.jpg
     終了後、控室にて笑顔が自然とこぼれます(^^)
DC2A5421-99A6-4E2F-A195-3DD0EB359F90.jpg
職員のみなさんと出演者でカンパーイ!
D7301A13-3029-4FA2-9C95-543EC09F78B8.jpg
職員さん手づくりの箸入れです。

高知市まで帰りの車中、盛り上がりの余韻と共に大きな声で「安里屋ゆんた」を歌いながら帰りました。ちゃんちゃん!
posted by 三線愛好会 at 17:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: