2016年07月24日

7月23日(土)あざみの里さんの夏祭りにおじゃましてきました。

梅雨も明け、夏祭りがいろんなところで開催されています。
夏といえば沖縄?と連想されるのか、夏になると、嬉しいことに依頼がググッと増えます。
あざみの里さん、2回目のお声かけです。こんなガチャガチャの団体に声をかけてくださり、ありがたい限りです。

「あざみの」と呼ばれるこの地域は、高速道路もできて、今では随分賑やかになりましたが、それでも大きい通りを少し奥に入ると、車の音も消え、とても静かです。昔、あざみの花がこの里一面に咲いていたのが、「あざみ野」の地名の由来だという説を聞いたことがあります。

そんなあざみの里の夏祭り。
静かな里も、この日は大賑わいです。
職員さんも総出でテキパキと準備をしておられました。
気持ちの良い挨拶と共に、荷物の搬入を手伝ってくれて、「案内係」と書いた黄色いネクタイを首からぶら下げた職員さんが控室に案内もしてくれました。

実はこの日は、鏡川の宵まつりも催され、メンバーは、二手に分かれて演奏にでかけました。
こちら、あざみの里さんの夏祭りに参加するチームは4名。
愛好会イイ声担当Wさん。
もうすぐパパ、アッキーさん。
愛好会専属、じゃないイラストレーターKさん。
人生で初めての長とつくもの(愛好会会長)になって2年のhideko。

お祭り開始と共に、室内外共に、たくさんの人で大盛況です。お孫さん、ひ孫さんでしょうか。小さいお子さんもいて、ご家族で楽しまれています。

控室ではお祭りの屋台の美味しいものをどっさりご馳走になりました。
牛串、焼きそば、芋天、焼き鳥、チキンナゲット、焼きおにぎり、等々。
お腹も満たしながら、直前稽古に余念がありません。
和太鼓は宵まつりチームの方で使うので、こちらはドラムセットのバスタムで代用です。
ありゃ?しもうた!ばちがない、、、。
これも代用代用。うちの台所にあった「すりこぎ」。似いちゅうです。和太鼓のばちに。

ご家族さんでしょうか、控室のドアをノックしてくれた方がいました。
「三線に興味があります。どこでやっていますか?」とのこと。
渡しました、渡しました。イラストレーターKさん作成「愛好会員募集ちらし」を!
いつでも出せます。どこでも出せます。会長として当然のことです。
見学に来てくださったらえいのにな〜
お気軽に来てくださいね。ご縁があると嬉しいです。

他のバンドや、利用者さんのカラオケ大会、新人スタッフの体を張った出し物の後に、出番が回ってきました。
音響のセッティングを幕間に大慌てでやります。職員さんがすごく手伝ってくれました。ありがとうございます。さあ本番です。

@安里屋ゆんた
Aきよしのズンドコ節
Bエイサーシンカ
C花
Dオジィ自慢のオリオンビール

お客様、職員さん、最初から手拍子してくれて、囃子や掛け声もかけてくださり、すっごく盛り上げてもらいました。もうほんとに嬉しかったです。

演奏終了後、離れた駐車場へ車を取りに行くため、職員さんに車で送ってもらいました。
「自分は外の係りやったので、演奏はよう聴かせてもらえんかったですが、利用者さんは、”あの沖縄のをまた聴きたい”言うて、うんと楽しみにしてくれていましてね。」と教えてくださいました。
そんな話を聞かせてもらえて、さらに嬉しかったです。

最後機材の搬出や、車への積み込みも職員さんがジャンジャン手伝ってくださって、あっと言う間に終わりました。
「お気をつけてお帰りください」と見送られながら、4台の車は次々とあざみの里を後にしました。

微力ながら、夏祭りの賑やかしの一端を担えて、利用者さんやご家族さんに楽しんでいただけたこと。職員さんのフットワークのよさと、心遣いを感じたこと。今回もまた、いろいろな経験をさせてもらって有意義なひと時でした。
三線を通して、いろいろ楽しませてもらったり、経験をさせてもらっていると、皆様に改めて感謝をしたことです。

暑い毎日がまだまだ続きますが、利用者の皆さま、職員の皆さま、体に気を付けて夏を乗り切ってください。
お世話になり、本当にありがとうございました。

(写真を撮るゆとりなしで字ばっかりですみません。hideko)





posted by 三線愛好会 at 17:35| Comment(0) | 演奏してきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: