2016年05月15日

合宿です。切羽つまりました。

日々、あちこちで演奏の機会をいただいている三線愛好会ですけれども、
年に一度、自分たちで一から作り上げるステージが定期演奏会です。

企画から運営から曲作りなど、相当の時間がかかります。
日頃は一応仕事に就いたり学業に励んでいるので、練習時間に大勢が揃うことは少なく、しかも、2時間なりの練習時間はあっという間に過ぎていきます。

飲み会の席で、「今年の定演、大丈夫やろかね・・。」
そんな一言から始まり、3分後には「そうや。合宿しよう!」ということになり、数年ぶりの鬼の合宿練習が行われることになりました。

鬼の合宿練習は、定期演奏会の7週間前にあたる5月7日〜8日の土日に、
香北青少年の家におじゃましました。

IMG_20160507_143328.jpg

夜通し行われるらしい忍者大会なるものにも魅かれますが、
今回は鬼の合宿練習です。

013.JPG

みどりの中で野外ステージをお借りして曲を詰めていきます。
構成すらろくに決めていなかった曲もありましたので、
こうやってまとまった時間がとれるとやっぱり進みます。


初日の土曜日は、
ちょっと練習したら、もう夕食の時間になってしまいました。
夕食、17:20ですから、健全というか、普段、まだ仕事してますよね。
普段とちがう生活リズムに身を置いて、同じ釜の飯っていうんですかね、寝食を共にするのも楽しい。

003.JPG

夕食をモリモリ食べた後は、離れの小部屋をふたつお借りして、また練習です。
鬼ですから。ちゃんと練習しています。
だいぶん先の見通しがついたところで、21時に練習おわり。

22時半が消灯ですから、それまでにお風呂。
男性風呂から、気持ちよさそうなMさんの歌声が響いてきました。
女性風呂では、一同が湯船に浸かったところで、誰かさんの何十年か前の恋愛話を半強制できかされ、話が最後までいかないとお風呂から出たらいけないような気になり、相当のぼせました。

誰かさんに、「わたし、年をとってどこかの施設にいくようになったら、こんな介護士さんに話を聞いてもらいたい」と言わしめたのは、聞き上手な音楽療法士さん。「うわ〜、キュンキュンします〜、それでそれで?どうなったんですか?」と、身を乗り出して、素晴らしい相槌を入れながら話をさらに引き出していました。

「わたし、こんな介護士さんは嫌や〜」と言わしめたのは、態度の悪い作業療法士。「最近のネタがないか知らんけど、何十年も前の話を昨日のことのようにしゃべりだした。こりゃめったよ」と言っていました。

何十年も前の話に笑い転げて、余計に汗をかいてお風呂をあがりました。

消灯時間をちょっと過ぎても、車座になり、ひそひそ話で青少年の家の夜を楽しみました。

翌朝もいい天気。
朝食までの時間、朝のお散歩へ。

007.JPG

とにかく空気が気持ちいい。鳥さんの鳴き声も聞いたことないのがいっぱい聞こえます。見上げると、お腹の白いポッテリした鳥さんがいいお声で歌っていました。

010.JPG

2日目の日曜日も練習。
泊まれなかったメンバーも日帰りで駆けつけて、入れ替わり立ち替わりはありましたが、2日間で十数名の参加者があり、曲作りも交流も、一気に進みました。

015.JPG

終わっての感想。
「楽しかったー」「また絶対やろうね」「今度はいつ?」「うみ部の合宿したいね〜」
皆、満足の笑顔で解散できました。
よかったよかった。

mihoco
posted by 三線愛好会 at 09:39| Comment(0) | こんなこともやってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: