2016年03月27日

3月27日 「第6回よしのつつじまつり」でゆる〜く演奏


IMG_20160327_131813_R.jpg

春の花木が花盛りです。
3月27日(日)、よしのつつじまつりが今年も開かれました。今年で6回目となります。
場所は南国市岡豊町、南国サービスエリアへトコトコと徒歩で行ける山あいに、桃源郷とも言うような景色が広がっています。
ここには長畝古墳という古墳のある公園もあり、その公園も、周りの山々も、つつじと桜でピンク色に染まっていました。

この一帯に花を咲かせたのは、ご近所にお住まいだった『花咲じいさん』なんだそうです。この日、その花咲じいさんの奥様もこのおまつりに顔を出してくださっていました。お聞きするところによると、3万本もの花木がこの一帯に植えられているそうです。奥様は「お金は残してくれんかったけんどね」と笑っておられました。今日はちょうど花咲じいさんの命日だそうで、亡くなられて10年が経ったそうですが、多くの人の心を満たすこの景色を残してくださいました。

さて、このおまつりを主催しているは、三線愛好会のU子りん。また、初回の開催から関わっているのは、大阪在住愛好会心の会員(元会員です)、ドンブラーK井さん(カヌーでの川下りも得意)。
IMG_20160327_131650_R.jpg
ペットボトル三線持参で、つつじ祭りをほんわかと包んでいます。げーじゅつ家でもあり、この日も淡い色合いの不織布で、つつじにおしゃれをさせていました(写真がなくて残念)。不織布は、昨年の愛好会の定演でも、受付のオブジェに使われていました(使いまわしですと笑うていましたが、エコです)。
私はこのドンブラーさんが大好き。一緒におると、自分の心が平らになって、穏やかになるのがわかります。今年も会えてよかった!

さて演奏の方です。音響機材も持たず、日ごろのゆるさに更に拍車がかかっています。
花咲じいさんの奥さんはじめ、つつじを見に立ち寄った方に、下手な演奏を聴いていただきました。

IMG_20160327_124149_R.jpg


1曲、2曲と進むうちに、お客さんがポツポツと増え、7か月だというかわいい赤ちゃんもパパとママに抱っこされてニコニコと聴いてくれました。みなさん手拍子してくれたり、一緒に唄うてくださったり、踊ってくださったり…。演奏したのは以下の通り。

@安里屋ゆんた
A十九の春
B芭蕉布
C花
D鳩間の港
E唐船ドーイ

三線にさわってもらって、みなさんとささやかな交流もできました。

演奏後は、つつじを眺めながら、お客さんから差し入れてもらったたこ焼きを食べ、みんなでのんびりしました。「愛好会へ入会してなかった半年前には、こんな生活想像もできんかった」とMさん。そうやねえ、愛好会におらんかったら、日曜日三線担いで、仲間とつつじ見もってたこ焼き食べることもなかったわね。と私も思いました。

IMG_20160327_131133_R.jpg

帰りには、ドンブラーさんに案内してもらって、花咲じいさんのお墓にお参りしてきました。小高い山の上にあるお墓からは、この桃源郷が一望できました。きっとこの満開のつつじと桜を眺めておられることでしょう。

♬〜きっとまた来る来年も〜
と鳩間の港で唄いましたが、また来年もここに来れたら嬉しい限りです。花咲かじいさん、そして、その後の手入れをずっとしている奥様、どうもありがとうございました。

えっと、そういえば、主催者のU子りんには、とうとう会わずじまいやったよ。
おしまい(笑) 
hideko
posted by 三線愛好会 at 21:46| Comment(0) | 演奏してきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: