2018年09月24日

9月16日 栄田東公園で「お月見の夕べ」🎶

9月16日 高知市中心部は「高知街 ラララ音楽祭」で音楽に溢れ、いたるところで楽器を手にした人を見かけた日。
そのラララ音楽祭には三線愛好会の女性ユニット「ゆんたくネーネーズ」が出演し、今年新設の会場オーテピアを沸かせてました。
F7922FAE-9054-47E8-8BB4-F4B91253B3C7.jpg
ラララ音楽祭にて「ゆんたくネーネーズ」の熱演

さて、ラララ音楽祭と同じ日、夕暮れせまる時間帯に高知駅の東にある栄田東公園では「お月見の夕べ」ってイベントがあり、そちらには三線愛好会の男性ユニット「ニーニーズ」が出演。

このイベントは今回で第10回。
毎回呼んでいただいてますが、いつものエイサーはなく、男性だけでしっとりした曲中心の演奏をしました。
年齢層高めのメンバーが選曲すると自然とそうなるんでしょうかね〜(^^;
6373DFE1-8D53-48EA-B814-6EB47FCCA3B1.jpg

「ニーニーズ」としての演奏は、昨年6月の定期演奏会以来なんで、なんと1年以上のお久しぶり。
今回は、入会したてのウチナンチュのサッキーを含め4人での演奏。
B75557D6-D05D-4592-AD22-1031A20B7D3B.jpg
近所の公民館でリハーサル

いつも愛好会でやってる曲に新曲を3曲加えて全5曲の演奏。
西日の当たる中、「三線の花」から演奏スタート。
続いて「やいま」「ファムレウタ」や「イラヨイ月夜浜」などを三線だけでなく、ギターやカホンなども入れ、聴かせる曲中心の構成。

5749BF1C-F6CB-48E1-BEA4-2D45C8A79B47.jpg
いつもと違ってイスに座っての演奏でした。

とはいえ、最後は沖縄音楽らしく賑やかに「遊び庭(アシビナー)」。
たくさんのお客さんや「ゆんたくネーネーズ」のメンバーが応援する中、入ったばかりのサッキーが小気味よく歌ってくれました。
自分も歌ったことのある「遊び庭」ですが、声の出し方が違うのか、ウチナンチュが歌うと同じ曲でも沖縄っぽく聴こえる💦💦
環境がそうさせるんでしょうね🎶
あっという間の5曲で演奏終了。
久しぶりの「ニーニーズ」でしたが、また近いうちにやりたいもんです。

演奏終了後は、速やかに打ち上げ🍻。
会場近くで色々反省しつつ夜更けまで楽しくやりました。
1101F285-40A8-4E24-84BA-8EBA851BB041.jpg
お疲れさんでした(^^)

〈雅〉
posted by 三線愛好会 at 18:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

9月23日(日)土佐山田町八王子地区の敬老会へ

本日は日曜日ですが、早起きです。ホントはもっと寝たいのですが、とうから(早くから)勝手に目が覚めます。
なので早朝から墓掃除してお参りをしてきました。

この時期あちこちで彼岸花が咲いています。ブログをご覧の皆様も、お墓参りの際にはこの花をあちこちで見かけたことと思います。
誰に言われるわけでもないのに、秋のお彼岸の頃にはちゃんと咲く、季節を感じるこの花が私は大好きです。

そんなことを思いながら墓参りから戻ると、夫が「今日もどっか行くが?」と言います。『行ってくれたら嬉しい』という意味です。
言われんち行くわえ。

愛好会は週末からの連休、有難いことに5件の演奏の機会をもらっています。本日の午前中は、香美市土佐山田町の八王子地区の敬老会にお呼ばれしまして、夫に言われんでも出かけてきました。

八王子公民館.jpg
本日の参加者は4名。何が良うて辞めんのか知りませんが、愛好会歴十年越えの4名です。
Tネーネーの、趣味(スキー)のお仲間や、職場の方からの紹介で、ご縁を頂いたのですが、あとの3名もそれぞれに縁がありました。
mihocoさんは、子どもの頃通っていた習字教室や塾が、この地区の近辺だったそうです。
私hidekoは、ルーツが香美市です。八王子地区のすぐ近くに親戚もあります。
そしてKさんは、なんと言うても地元です。参加の敬老の方から、「いや、〇〇さんの娘さんやないかね?」と言われていました。超〜ローカル。

なので、4名とも初めてのところのように思えず、勝手に親近感満載で臨んだ演奏です。Tネーネーの笑顔もはじけます。
ご機嫌.jpg

敬老会にふさわしい曲を、と考えて、久しぶりに『生まり年音頭』もチョイス。最後はカチャーシー。多くの方が立ちあがって踊ってくださいました。同じ時間を共有できて、嬉しい限りでした。みなさまがこれからもお元気でおられることを心より願っております。ご縁を頂いたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

公民館のすぐ前は趣のある神社です。川の改修工事で引っ越した八王子さまの本元がこちらなのだそうです。
八王子さん.jpg
お稲荷さんの前でも一枚。
稲荷神社.jpg


まだまだ日中は日差しが厳しいとはいえ、公民館の周りでは、葛が紫色の蕾をたくさんつけ、彼岸花にはナガサキアゲハがやってきていました。季節は確実に秋へと移り変わっていっているようです。この風景がなんともいえず贅沢に感じました。
IMG_3769.jpg
(私hidekoが子どもの頃泳いだ”なかゆ”という川も彼岸花の向こうにちょびっと写っています)

家に帰ると、夫が「今日はこれで終わり?」と聞きます。『また出かけたら嬉しい』という意味です。
言われんちいくわえ。夕方からは夢話想のイベントです。ちょっと時間があるので、昼寝でもしよかね。

hideko

posted by 三線愛好会 at 23:19| Comment(0) | ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青年塾・志ネットワーク お遍路さん in 高知のおきゃく

9月22日土曜日の夜に、おきゃくに呼んでもらいました。
青年塾・志ネットワークのお仲間の皆さんが、お遍路をしに高知に来られていて、この日は室戸方面から4か所を回られたのだそうです。
今後も何度か来られるそうなので、沖縄もいいけど、高知をご紹介してお遍路の楽しみにしてもらお。
そんなつもりでスライドや唄を準備していきました。

おきゃくの会場が保育園ということもあって園の雰囲気にも合うように、テーマは『三線片手に高知めぐり〜わらべうたと絵本にのせて〜』に決定。珍しく今回は沖縄の曲は少なめの演奏となりました。

まずは♪与那国小唄♪
与那国のお国自慢です。情けの島、米の島、カツオ島と唄われていて、高知との共通点を感じます。ちょうど今は戻り鰹の時季。目の前の皿鉢(さわち)にはカツオや金目鯛がモリモリに盛られています!

IMG_3752.JPG

こんなごちそうと共に土佐弁も知っていただきましょう。

EFE64B20-7D9E-4E28-AA7A-52D3B6BDA9C3.jpg「与那国と言えばこれもぜひ知っておいてもらいたい」とのことで、塾長の上甲さんより与那国島の現状について教えていただきました。林などの土地を売りに出すと外国の人が買うようになっているとのこと。そうなんですね。八重山の島でもそのような話があることを聞きます。与那国は立地的にも台湾からわずか110`の場所に位置します。尖閣問題が危惧されている昨今ですので、大事なことをお聞かせいただきました。


さて、沖縄に負けんばあきれいな海、大月町柏島へ紹介を移します。
サンゴ礁・熱帯魚・うみがめを見てもらってから、お遍路さんの立ち寄りスポット番外札所の月山神社も。
弘法大使さんも23日間の月待ち修行をしたそうで、ご神体の三日月の石がインパクト大ですね〜。

IMG_3761.JPG


立ち寄りポイントといっても、38番札所金剛福寺から39番札所延光寺にこのコースをとると、余分に20キロほど歩かないといけないようです。
皆さん各地でご活躍の方でお忙しそうですので、ぜひ車で行かれてください。
とお伝えすることを忘れていました。

大月町は珊瑚の産地として知られています。最高級の珊瑚である桃色珊瑚にまつわる悲劇の江戸時代の物語は、絵本『お月さんももいろ』で現代に伝えられていて、絵本にはこんな歌が出てきます。
三線で聴いてもらいました。

♪おつきさんももいろ だれが言うた あまが言うた あまの口をひきしゃけ〜♪

歌の意味は、「ここ月灘に桃色珊瑚があることを誰が言った、あまが言った(あま=海女、又は幼女)、その口を引き裂いてしまえ」

IMG_3763.JPG

県民の皆さんはご存知ですか?図書館で借りてきました。オーテピアにもあります。藩政に逆らえず、庶民の暮らしが制限され自由のなかった時代があったことを教えてくれる絵本です。松谷みよ子さん作の土佐弁がなんとも心地よいですよ。

珊瑚はよさこい節にも出てきます。
よく知られている♪土佐の高知のはりまや橋で 坊さんカンザシ買うをみた ヨサコイヨサコイ〜♪
純信とお馬の悲恋の話もご紹介したり。
月の名所桂浜からの、石垣島の民謡「月ぬ美しゃ節」へ流れる予定だったのですが、すっかり忘れて飛ばしてしまいました。
唄うはずだった♪月ぬ美しゃ節♪

IMG_3758.JPG



赤岡町に歌い継がれているわらべ唄『塩市』も、三線に乗せて聴いてもらいました。

♪とんぼ とんぼ おとまり 赤岡の市で  塩買うて ねぶらしょ♪

このわらべ唄はわたしは知りませんでした。hidekoさんはいよいよよう知っちょります。

調べると、赤岡町に塩田が広がっていた時代に、山の奥地とを結ぶ塩の道があり、塩だけでなく生活物資を運搬する命の道だったようです。塩を運んで、山の物と交換する交易道。最近では復元が進んでいてウォーキングができるそうですよ。

今回はよかったです、調べるうちに、知らないことをいろいろと知れて。

赤岡町に残る独特な芝居絵『絵金』も見てもらい、芝居小屋でもある『弁天座』も紹介させてもらいましたよ。我らが三線愛好会、ここで定期演奏会を開催させてもらっていますのでね。定演の風景もみていただき、「おぉ〜」と言っていただきました。ありがとうございます。

江戸後期の絵師金蔵の作品。
IMG_3760.JPG



赤岡町といえばどろめ祭りの大杯飲み干し大会も外せません。
IMG_3759.JPG



男性は一升(1.8リットル)、女性は5合です。優勝タイムを見てみると、男性14秒、女性が9秒でした。日本酒ですよ。地元の豊ノ梅。すごいことです。総合判定では、タイムだけでなく飲みっぷりも含まれるそうで、おきゃくの会場からは「飲みっぷりとは何を指すのですか?」との質問もありました。こぼさないことでしょうかねえ。豪快っぷりとか?逆に、涼しい顔してさらりと飲むとか?


♪土佐の名物〜 オクラにナスにトマトにニラに そこの皿鉢にのった田舎寿司のミョウガにリュウキュウ〜♪

こんな唄は存在せず、hidekoさんが即興で作りました。

歌っていると、高知のおいしい野菜につれられて、おなかをすかせたあおむしがやってきたので、曲は『はらぺこあおむし』!

保育園ですので保育士さんもおられます。会場には小学生も3名ほどおりまして、皆さんよくご存知でした。一緒に唄ったり、あおむしになって踊ったり。
DSC05743.JPG


DSC05741.JPG


最後はオジー自慢のオリオンビールでなんども乾杯。アンコールもいただいたので一緒に唄える曲、『花』を合唱。心地よい時間をいただきました。

そのあとは、保育園の職員さんがえんこうの相撲取りに仮装し、迫力満点のしばてん音頭も。高知のおきゃくらしく、楽しくにぎやか。

IMG_3753.JPG


わたしたちもすっかりご馳走になり、ビールも飲ませてもらい、満たされて帰ってきました。
青年塾・志ネットワークの皆様、ふくのたね保育園の皆様、楽しく盛大なおきゃくにご一緒させていただき、また何かとお気遣いもいただきまして、ありがとうございました。

DF9323F2-96AE-4AA1-958C-3FA5E32D46DA.jpg

mihoco

posted by 三線愛好会 at 10:32| Comment(0) | 演奏してきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする