2018年08月01日

2018.7.29 元会員Iさんの送別

元会員さんのことをこのブログで記事にすることはそうそうないのですが、今日は書かせてくださいね。
高知に赴任し、愛好会をノックしてくれたのが7年前。
退会してからも、定期演奏会の裏方を毎年のように手伝ってくれて、飲み会にも来てくれて、田んぼの世話もしてくれて、今年の定期演奏会では裏方を担ってくれてだけでなく、打ち上げで職場の歌を聞かせてくれました。
今回、高知での任期が終わり、地元へ帰られます。数時間前に高知を発たれたと思います。
退会後も愛好会とつながっていてくれたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。

お仕事柄、体力づくりを大事にするIさんは、どんなに飲んでも翌朝は早くから走りに行っていました。
いつかのお泊り大宴会、早朝に15km走って8時には宿に戻ったIさん。他の者が二日酔いでダラダラと雑魚寝している様子を見て心から驚いていました。Iさん、これが多分、普通です。
「うみ部」で大月町柏島へシュノーケルへ行った時も、早朝に10km走ってからモーニング会場に現れました。
「たんぼ部」では、強い体幹が生かされ、田植えや草引きは他人の2倍の作業量で大変助かりました。

今年の定演打ち上げで、愛好会に残してくれた言葉は、「指揮系統」。
愛好会の羊たちは、相当自由に過ごしていますからね。
定演の日だって、例外ではありません。
定演の日だけ指揮系統の下まとまっている、なんていうことは不可能ですしね。

個々では緊張もし、戦々恐々としているのですが、はたから見たら自由な団体です。
そんな愛好会を知ってくれているIさんですから、指揮系統があった方がいいのではないかという、愛のある言葉をいただいたわけです。
皆、口々に言いました。「そう!それそれ!」「それが足りんと思いよった」「それ、いこ!」

え??そんなこと皆、言う?
指揮系統を敷いたら、皆、おらんなるがやないかと心配します。
例えば、定演直後、大声で集合をかけてやっと集まったのが5分後、その時、ドリンク差し入れの声がかかりました。
会長mihoco「向こうで飲まずにすぐに戻ってきてくださいね〜」
・・・・帰ってこん。はや飲みゆ。しかも役員がおる。それでまた5分・・・。

これはやはりIさんが残してくれた「指揮系統」を実現したいと思います。

台風一過の7月29日に、古株が集まり、Iさんの送別会を開催しました。

IMG_3170.JPG



Iさん、ありがとう(^^)/ これまで本当にお世話になりました。
向こうでもたくさんのご活躍を!

mihoco

posted by 三線愛好会 at 01:27| Comment(0) | ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする