2018年03月05日

ゆんたくネーネーズ@ラ・ラ・ラ春まつり

台風で中止となった、秋のラ・ラ・ラ音楽祭。そのリベンジとなる「ラ・ラ・ラ春まつり」のステージで演奏してきました。


「OneCUP片手に座ってるいつものおじいちゃんと、鳩ぽっぽくらいよー!!きっと、お客さん」
自分達に言い聞かせたこの言葉とは裏腹に、客席にはまぁまぁな数のお客さん。
なんとかなるー!!なんとかするー!!と、メンバーそれぞれ腹を括りました。笑

20180305105218530.jpg
【涙そうそう】からスタートです。

私が演奏に合わせ、手話唄を披露するのは今回が3度目。歌詞をおまじないみたいに頭の中で何度も唱えて、キモチが “晴れ渡る日も雨の日も” あるよね、大切な人を想って “夕暮れに見上げる空” はどんな色だろう、と心の中で【涙そうそう】してみるとね、手話表現じゃなくて「唄える」ようになる。
音楽って、不思議。魔法みたいです。

演奏中、ふと目が合ったおばあちゃんが、ニコッと笑って頷きながら、両手をヒラヒラしてくれました。これは、手話で表現する拍手。そして、私に向けて贈ってくれた拍手。
私も、誰かに音楽を届けられるんだ、って嬉しくなりました。

20180305120637012.jpg
お馴染みの曲も、新曲も。

20180305120722678.jpg
もちろん、エイサーも。

ありがとうございましたー!!とステージを降りた瞬間、ネーネーズ6人、安堵と達成感で一気に笑顔満開。
胸を張って堂々と、おきゃくに臨めます。笑


20180305121403900.jpg
あんなーと私は、初おきゃく。

私:ねぇ、カメともお話し出来るよね♪
Kさん:うん、するするー!!ちゃんと喋れる。犬・猫と同じよね♫
Tさん:そんなん、ありえん!!!!カメも、クイッって首持ち上げただけで「お話ししたー」って言われたら、たまったもんじゃないわぁ!!!!
Kさん&私:…………話せるもんっっ!!(しっかり握手を交わす)

愛好会では、年齢も職業も、経験も障害も越えてこんな会話が出来る。みんなで、笑える。
私の自慢の居場所です。


会場では、毎年2月11日に仁淀川町で行われる秋葉祭りの「練り」の様子が再現されてました。頑張ったご褒美に買ってもらった三段アイスクリンと牛串に夢中だった私も、この時ばかりは人集りの中で必死に背伸びして見物しました。

20180305161951422.jpg
長さ7m.重さ8kgの檜で作られた鳥毛棒

20180305162241799.jpg
火産霊命(ホブスナノミコト)を祀り、防火の信仰がある秋葉神社。その為、皆、火消しの装束。

火消し棒を直立させたまま相方に投げ渡す「鳥毛ひねり」や、稚児らの太刀踊りは、綺羅びやかな中にも厳かさや風情が感じられ、絵巻物の世界に迷い込んだようでした。


稽古から本番まで「お疲れ様」以上に、「ありがとうね」の声がいっぱい溢れたラ・ラ・ラ春まつり。
ゆんたくネーネーズのメンバーに迎えてくれてありがと。あんなーも出てくれてありがと。いっぱい助けてくれてありがと。
みんなのおかげで、私は “私に出来る100%” 出し切れた気がします。
聞いて楽しい、見て楽しい。そんな演奏・演舞のできる団体ってワクワクするもん。だから、私も “私に出来る100%” を大事にして、一番ニコニコでステージに立つ!!それが得意な人材になる!!笑


次に繋がる、春ラ・ラ・ラ。
この勢いのまま、定演La・La・La。

20180305164058789.jpg
おしまい。byあすみん(右じゃないよ!!)
posted by 三線愛好会 at 17:16| Comment(0) | 演奏してきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

大山スキー・スノボツアー

いつぞやの新年会で、「この日、大山へ行きませんか?」と声を掛けたら、その場でバババッと手があがりました。


大山の翌週には沖縄(三線の日イベント)に行く人も大勢いるのに、決断が早い。お酒が入ると直感で「いくいく」と即答し、友人や家族も勝手にカウントしておき、後日、「いつやったっけ?」。


それでも3年ぶりの大山スキー・スノボツアーは12名での賑やかな開催となりました。

ものごとはよく考えても考えなくてもめっそ変わらんものかもしれません。



224日(土)

5時に集合して、9時前には現地に到着し、1日中滑るという若者向けのスケジュールです。

みんなやる気(若いつもり)です。動けんなっても知りませんよ。一台、mihocoカーの乗員は滑る欲よりも睡眠欲が勝り、皆が到着したのを確認してからノソノソと出発。童謡CDをかけて4歳児と唄いながらの道中は、あっという間です。


さて、先に到着したメンバーはどこにいるでしょう。


FC4C677E-DEC6-4CF5-9558-30BDB43AB242.jpg


わかりません。何も見えません。この状況で出会えたら、その人とはよほど縁が深いと受け取るところですが、誰にも会わず、夕方ペンションでの顔合わせとなりました。


あとで聞くと、遭難予防のために、ずっと隊列を組んで一緒に滑っていたそうです。愛好会、そんなことができるとは!てんでバラバラの個人の集まりかと思っていたのに!命を守るための行動はとれることがわかりました。


宿はペンション暖暖さん。貸切の贅沢です。


こちらは里山料理が美味しくて、岩風呂や暖炉、それに素敵なオーナーさんご夫婦が心も体もあっためてくれる最高のお宿です。


到着早々にワイワイといつもの喧嘩をしていたどこかの夫婦も、オーナーさんの「はい、そこまで」のひと言でお利口に終了できたそう。

平和が生まれるペンションです。


手製のブランコでは親子のひと時も。


8048DB49-9CBF-4F97-8F52-396471CDD485.jpg


やはり平和が生まれるペンションです。


夕食は暖暖谷で採れたきのこで、きのこ鍋


DDD017F0-0AF8-4B65-880D-871136EBF743.jpg


見たことあるのは椎茸だけで、はじめて食するきのこばかり。香りと歯ごたえを楽しみました。


034B2192-7E2C-490B-BDD2-03432F64121A.jpg


前菜もひとつひとつがおいしくて、前菜だけでワインが3杯はいけます。


E8FAD515-5F0E-4C81-9734-7D691FE85DB7.jpg




E2326DAA-471C-427C-BA96-CC6D51C3B9E0.jpg


AB3DD068-58CE-4012-AD94-FBC696E22B04.jpg


F7E4AC46-5A93-45A6-895E-BE12176AB375.jpg


前回感動したゼンマイも出してくれました。上手に保存してあって、この時期なのにぷりぷりシャキシャキの緑色で、噛むとパリッという音と一緒に春の風味がふわりときました。


25C65207-3807-4106-A97F-7D1440D9F18B.jpg


久しぶりに会ったメンバーの家族との再会も嬉しかったです。中学生が大学生になり、綺麗で素敵な女性に。

「嫌かもしれんけど、お母さんに益々似てきたねぇ」

「え、えぇぇぇーーーーっ!(拒絶)」

予想通りの反応でよかったです。「わぁ〜嬉しい!」と言われてもこちらも返しに困りますのでね。


はじめてご一緒した方もいらっしゃるので自己紹介も順番にしました。


聞いていると、年齢が高まるにつれて、愛好会の擬家族化に価値をおいていることがわかります。


「愛好会へきたら、娘がおって孫もおるろ?これがやめられんがよ」


「家で食べてもだーまって食べて終わり。他人様のおかげでこんなに楽しゅう話ししもって食べれる。来てよかった」


「今日は(4歳児に)リフト誰と乗る?と聞いたら、パパもママもおるのに、わたしと乗ってくれた。お昼ご飯の時には、いつもは3人やけど今日は4人、4人でまた来ようねと言ってくれた。最高の時間です」


居場所についての説明ばかりでした。誰か三線のこと、語ったっけ?


お酒も進みます。ここを居酒屋化させてはいけないと分かっていつつも、どぶろくにも手を出して、延々と続く夕食。みんなで食べたらおいしいなぁ。部屋でも語らい、冷蔵庫のアルコールも飲み干したので寝ました。それでもまだ当日内の幸せを噛み締めながら。


翌朝は、朝食前の朝風呂や散歩の贅沢をしてから、手作りのパンやジャムやヨーグルトを楽しみました。大山牛乳は甘くて濃いのにベタつかず爽やか。


41AA28F4-C68A-4D69-A1FE-E98B64D6E953.jpg


A25EB7E3-066E-4678-9B3B-39EBD62E52A8.jpg



225日(日)2日目のゲレンデは視界良好


B05ED64D-0330-444F-B955-B5A4D12A37BD.jpg


6A797AAC-F6F0-4070-A310-5AC032E5A1FC.jpg


5626F0FB-2CCF-4431-8148-6C95793F19C2.jpg


3771A31F-F972-4782-B616-AD997304E1F9.jpg


存分に楽しんで、翌々日に筋肉痛がきました。

また来年。大山、暖暖へ。


mihoco

posted by 三線愛好会 at 06:50| Comment(0) | こんなこともやってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

愛好会のひなまつり

早いもので、弥生三月です。愛好会には、桃の節句の似合う可愛い女性がいっぱいです。
その可愛い女性がこの人たち。
IMG_1162.jpg

上から数えて可愛い順かどうかはわからんですが、愛好会女性ユニット“ゆんたくネーネーズ”は、少数精鋭のこのメンバーで、
土佐の「おきゃく」2018のオープニング、ラ・ラ・ラ春祭り
に出演することになりました。
日時と場所は、3月3日(土)11:00〜11:20、中央公園。です。

この日は追加稽古です。「まだ3日ある」とmihocoさんが言うていました。「この3日の間に、私はやらんといかんことがいっぱいある」そうです。歌詞を覚え、キーボードを覚え、三線を覚え、、、。全部ですね(笑)。当日を入れたら4日ありますので、がんばってください。
仕事や子育てで、多忙なメンバーですが、こうやって一生懸命時間をつくって、仲間と音楽を楽しむ時間は幸せな時間です。
やらないかんことがいっぱいあるのに、ラララ音楽祭に関係ない『うれしいひなまつり』の演奏をしたり、それを動画撮影しているメンバーもいます。
IMG_1163.jpg

お雛様が見守る中、桜餅食べて、プチケーキ食べて、稽古に励みました。すると、
「ゆんたくネーネーズは一生懸命がんばっています。お時間のある方、3月3日(土)はぜひ中央公園へお立ち寄りくださいね」
とちっちゃい声が聞こえました。
お雛様の声?
IMG_1157.jpg

BY hideko

posted by 三線愛好会 at 07:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする