2016年12月31日

最後の最後2016.12.29 みぃはいゆさん忘年会LIVEで今年は終わり。

高知を代表する沖縄バンド「みぃはいゆ」さん。
わたしmihocoの憧れでもあるみぃはいゆさん。

今年は15周年記念LIVEをかるぽーとで開催されたり、高知街ラ・ラ・ラ音楽祭では中央公園を圧巻されました。
パラダイムLiveには三線愛好会も毎度おじゃまさせてもらいましたし、今年は気楽なステージをということでcafé SAMA SAMA さんで唄会を開催された際には愛好会メンバーも喜んで出かけました。
四国うたの日コンサートでもご一緒させていただいたり、最近ではおうちでやるバーベキューにも呼んでいただけたり、演奏後の打ち上げを合同開催したりして、一年を降り返ってみると、随分とお世話になっていて感謝の気持ちでいっぱいです。

感謝の気持ちを少しでも形にしてお返ししたいところなのですが、三線愛好会、またまたやってしまいました。

279.JPG
忘年会ライブのトップバッターの愛好会、いろいろと予想外の展開に発展し、すっかりお笑いステージと化し・・・。わたしとしては引っ掻き回してしまい、凹んだ傷が癒えませんが、そう言えば、毎度こんな感じだなと気づいて落ち込むのをやめました。
月末の年末で、仕事が多忙すぎるメンバーもいて、本番でやっと会えたりもしましたが、このような機会があってこそ、身辺の都合をつけて集合ができる。ありがたいことです。

●(いつかのリベンジ)海ぬチンボーラ
●(おばあちゃんの子守りを想定)童神
●(これならできると思った)花
●(アンコール)安里屋ゆんた

会場にはみぃはいゆさん他、出演者の皆さま、そのお友達の方々がいらっしゃいましたが、いつもあったかく包んでくれるので助かります。人の優しさにいつも甘んじて終わる愛好会です。

本番後、楽器を片付けてからの集合写真。
46BC288A-BB9D-46AB-B269-8944896C89B4.jpg
体調不良のjinchanはここで退散しましたが、リベンジの海のチンボーラがうまくいったので心置きなく帰れたのではないかと思います。

そして、ここからがお楽しみの忘年会ライブ、他の者は急いでライブ会場に戻ります。

メインのみぃはいゆさんの演奏が始まっていました。
271.JPG


桜子さんの三線のワザ。つい手元を見入ってしまいます。ハモリもうまくて。どうして外さないのでしょう。
潤さんの通り抜ける力強い唄声、ハルさんの芯と艶のある唄声、最高です。
拓さんのエレキギターは沖縄民謡に色気を添えます。どうやったらこういうフレーズが浮かぶのか不思議。
ヒロキさんのジャンベとギターのトオルさんのグルーブ感には毎度やられてしまいます。
幸せなひとときでした。

愛好会メンバーもため息交じりに聴いています。
ヨッシーさんがわたしに言いました。
「どうやったらハルさんみたいに、あんなに唄えるんでしょう」
mihoco「ヨッシーちゃん・・・わたしらがいくら唄の練習をがんばったって、ああはならんで。だって、声がちがうもん。お喉が。これはお父さんとお母さんにもろうたもんやきねえ」ということで、努力家ヨッシーの希望をひとつ黒塗りしてしまいました。嗚呼反省。

みぃはいゆさんの演奏がすべて終わった時、メンバーさん同士、心から讃え合う様子にまた感動。こうやって音楽って出来上がるんだと思って眺めていました。
素晴らしい演奏、姿をありがとうございました。

みぃはいゆさんの演奏の後は、日ごろからつながりのある音楽仲間の皆さまがステージに上がります。
本当はみぃはいゆさんがトップバッターで、愛好会が二番手という驚愕の順を聞いていたのですが、みぃはいゆさんがチャーハンを注文した隙に、ちゃっかり(全力で)前座をいただきました。

そのため、みぃはいゆさんであったまったステージの後は・・・・Dさんの出番です!
単独奏者のDさんに、ものすごいプレッシャーをなすりつけて、「Dさん、ひゅっひゅ〜〜」。
指笛ができないので、口で言って声援を送ります。

20266157-8566-4650-B92F-BE983D1F2DED.jpg


Dさんは1人で三線をしょってステージに上がられましたが、なんだかまた、すごい貫禄を身にまとっています。
心に沁み入る南洋小唄。唄三線一本で会場を惹きつけられる力。すごいですよ。どんなに練習されているか、容易に想像がつくような演奏でした。曲への思い入れも十分にあったそうです。
もう一つは楽しいテンポの黒島口説。一緒に練習をしたこともあり、懐かしく当時を思い出しました。

次はてぃびちのコンちゃん。
281.JPG
重大発表がいくつか報告されましたが、あとで覆された。
すっかりだまされたわたし達(笑)
でも良かった。ホッとしましたよ。

コンちゃんはいつもその場にあったアレンジを準備して臨まれます。
今回も歌詞の中に、年末の挨拶を入れたり、感謝の言葉を織り込んだりされていました。すごいなあ、そういうことをマメにしてらっしゃる姿、学ばなければ。

相方さんはお仕事なのでしょう。コンちゃんお1人での参加ですが、今回はみぃはいゆさんのフルに近いメンバーをバックに、「コンはいゆ」を一時結成。

273.JPG
フルバンドで熱唱の♪ベイビベイビベイベ〜 ステーイ ウィズ ミー♪
ヨッシーさんの心が鳴ったそうです。私も聴き入りました。



あとは順不同(アルコールで記憶が・・)で、急きょ唄われた「しまさん」の糸。

7151645A-FB3C-4678-8057-610241761388.jpg

中島美幸さんの有名曲ですが、繊細でパワフルで、綺麗な方だし、すっかりファンになってしまいました。
伴奏のギターは拓さんでしたが、スマホ画面でコードをみつつ、コード弾きではないおしゃれな即興アレンジをさらりと聴かせてくれます。すごすぎます。


mihocoも一曲やらせていただきました。
あ、一曲やらせていただく前に、来てくれた友人OGIさんへ、サプライズでハッピーバースデーを贈ることができてうれしかったです。皆さんにも唄っていただけて、ありがとうございました。

お祝いのあとは、最近の流行りを。
わたしの中だけで流行っているのですが、ユーミンの「翳りゆく部屋」。荒井由美時代の名曲中の名曲です。
280.JPG
11月のcafe SAMA SAMAの唄会では、練習不足のやっつけのとんでもない出来でしたので、そのままでは終われず。。。今回は図々しくも、みぃはいゆの男前のお二人にご協力をお願いしてのリベンジです。男前である上に心から尊敬しているお二人なので、ステージの上のmihocoは気持ちよすぎて危なかったです。
拓さん、ヒロキさん、贅の尽くしをありがとうございました。



愛媛からは奄美三線奏者のまさにぃの登場です。
よいすら節など、まさにぃの唄は何度か聴いたことがありますが、今回驚いたのは、キーボードやエレキギターやジャンベが入ったバンド形式だったことです。

57827501-3F73-4564-9A4D-5674CE68D9D5.png
能力の高い方たちには難しい奄美民謡もお手の物なのでしょうか。。
しかも、囃子のどっさんが転勤で県外に行ってしまったのでどうするのかなと思っていたところ、桜子さんが完璧なお囃子をこなされているではないですか。もう、今日は驚きの連続です。
まさにぃのどこまでも伸びる唄声が、今日はいろんなアレンジがかかって、一層素敵でした。

そしてみぃはいゆさん、ずっと出番ですね(笑)

まだまだ他の方の演奏もあったのだと思いますが、書ききれず申し訳ありません。
ステージが終わった後も、みぃはいゆさんや他の出演者の皆さんとの歓談が楽しくて。
飲み会の計画などが進みました。

音楽を通じて学ぶことがたくさんあり、あったかい人たちに囲まれた弾き納めとなりました。

みぃはいゆさん、他の出演者の皆さん、心から楽しい時間をご一緒させていただきました。

ありがとうございました。

今年最後の更新になると思います。このブログを見てくださっている方、ありがとうございました。
三線愛好会は来年もゆるく楽しくたまには根性を出して活動していきます。
新しい年もどうぞよろしくお願いします。

261.JPG
mihocoの職場の門松(手製)。

では、また来年\(^o^)/

posted by 三線愛好会 at 02:24| Comment(0) | 演奏してきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

12月27日 今年の稽古納め

2016年が暮れていっています。このブログをご覧頂いている皆さまはどんな年でしたか?
愛好会員はどんな1年だったのでしょう。

相変わらず、の人もいましたが、それなりに、変化に富んだ1年を送った人も多くいました。

高校生になったキジムナーとカマデ。
社会人になったコウタロウ。

おめでたい変化もたくさんありました。
結婚…5名。懐妊…4名(本人或いは奥さん)。
この一年でですよ。愛好会、幸せと無縁ではないことを知りました。

会員の県外転勤、寿退会もありましたが、嬉しいことに新しいメンバーもたくさん迎えました。
新しいメンバーは、この1年、こんなことを言うていました。

・この私が人前で歌うなんて!
・愛好会へ入る前の自分は、一体休みの日に何しよったろう?
・一週間のうち、どればあ愛好会の人に会うろう。
・めっちゃ楽しい!
・愛好会は心地よい。(変人の仲間入り)

この一年、世の中では、良いこともそうでないことも、いろいろなことがありました。
そんな中で、たくさんの演奏の機会を与えて頂き、気心の知れたメンバーと、好きな三線を弾いて、機嫌ように唄うておれることに、感謝をせんといかんとしみじみ感じながらの写真撮影です。
image1.JPG

IMG_5363.jpg


来年のカレンダー(カミムラさんのねこカレンダー)です。
IMG_5398.jpg

ポチ袋(カミムラさんの三線シリーズ)です。
IMG_5395.jpg

お年玉も構えたり、カレンダーも新しいのにせんといかんですね。
いかん、掃除もせんといかん。

by hideko


posted by 三線愛好会 at 01:35| Comment(0) | ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

愛好会人材バンク

hidekoです。
愛好会のメンバーは、ちょっと変わった人達≠ニいう共通点以外は、年齢も職業も多岐にわたっています。
事務系、鉄工所関係、林業関係、金融関係、団体職員、学校のセンセイ(退職者も含む)、ケアマネ、障がい者施設の指導員、看護師、検査技師、作業療法士、音楽療法士、介護士、保育士、食堂・喫茶店経営、農業、イラストレーター、学生、等々。

こんだけいろんな仕事をしてる人達の集まりですので、仕事と家庭の往復のみでは得られない色々な情報が、三線をやっていることで、得られたりするわけです。これは互いに大きな財産を共有しているようなもんです。
この財産を活かさない手はありません。今回はこの『愛好会人材バンク』活用の様子をお届け致します。

私は保育士をしています。子どもと遊びよったら一日が終わるという、おいしい仕事です。
勉強を教える必要はありません。ありませんが、一日遊びゆう中で、今を楽しく、且つ将来に渡って、自己発揮し充実した人生を送れるように、子ども達が自ら学んでいく手助けをする、という雲をつかむような仕事でもあります。

あれ?一日遊びよったらえい割には、結構深かったりして。。。
う〜ん。。。
そうや、こんな時には『愛好会人材バンク』を頼ろう!

ということで、1つ目は食育≠ナす。食べることは、人間が生きていく上で外せません。食育≠ニいう言葉は、みなさんも一度は聞いたことがあるやないでしょうか。学校や幼稚園、保育所でも、しっかりと位置づけられるようになりました。

『お芋ほり』は、子どもの頃、保育園や幼稚園の行事の中で経験したという人もおると思います。今は園庭が狭い園も多く、どこかの芋畑と契約をして、掘るだけの経験、ということもよく聞きます。でもそれだっけじゃつまらんですよね。やっぱり植えて、世話して、それから収穫。そして収穫物で芋パーティー。ここまで行ってこその食育≠ナす。

そこで、6月のある日『愛好会人材バンク農業系=xのKさんに、芋のつる≠頂くことになりました。なんとありがたいことでしょう。植えました、植えました!保育園の小さな畑の他に、土嚢にも。え、土嚢?って思うでしょう。それが上等にできるがです。畑がなくても楽しめます。

11月半ば、めでたく収穫の日を迎え、家へも持ち帰り、園でも芋パーティーをし、大喜びの子ども達でした。そしてお礼の手紙を書き(描き)ました。

稽古の時にKさんに渡しました。
小松さん2.jpg

「おいものおばちゃんへ ありがとう」とあります。かわいい気持ちが伝わってきました。
Kさんホントにありがとうございました。お陰様で素晴らしい経験ができました。Kさん=おいものおばちゃん、となりました。

2つ目は、保育士の勉強会≠ナす。一日遊びよったら終わる割には、一応勉強もしています。
公的な研修会もあれば、自分たちで企画する自主的な勉強会もあります。この自主的な勉強会の一つに、支援部会≠ニいうのがあり、愛好会の保育士3名が部員です。特別な支援を必要とする子どもさんだけでなく、支援はどの子にも必要、と位置付けて、勉強をしています。

そこで『愛好会人材バンク音楽療法系=xmeguminに講演依頼です。

12月19日の温かい日の午後、meguminは職場から講師として派遣されて来てくれました。忙しい中、G病院のみなさま、ありがとうございました。音楽療法士の話を聞くのはほとんどの部員が初めてで、期待が大きく膨らみます。そして、その期待を全く裏切らない、素晴らしいひと時となりました。

スクリーンを使ってわかりやすく話が進みます。音楽療法のイロハからです。
講義.jpg


G病院の紹介もあります。
講義2.jpg


音楽療法で使う楽器の紹介や、実演、実技指導もありました。
これはオートハープという楽器。音楽療法ではよく使う楽器だそうです。
めぐみハープ.jpg



「みなさん、触ってみてください」と言われ、遠慮なしに触りまくっています。
EC6541E4-9A01-44CC-A70B-C683A23D8239.jpg



カラフルなでんでん太鼓です。実演してくれました。
でんでん太鼓.jpg


これも太鼓の一種。丁寧に説明してくれています。神妙に聞いています。
太鼓の説明.jpg


「眠くないですか?」とmegumin言うていましたが、眠うなる人らあて、一人もおりませんでした。みんな、「もっともっと聞きたい」「次は園へ来てもろうて、実技指導してほしい」と言っていました。私達に「伝えたい!」という熱い思いも、すごく伝わってきました。
同時に私は、音楽療法士としてのmeguminが、自分の仕事に自信と誇りを持ち、堂々と講義する様を、眩しい思いで見ました。こんなキラキラした姿を、沖縄のお母さんに見てもらいたいと、親のような気持ちにもなりました。

最後は脳の話に絡めて演奏です。
ミニライブ.jpg
月ぬ美しゃと海の声で締めくくりました。

愛好会のメンバーは私の財産です。
三線、やめれんです。笑

by hideko



posted by 三線愛好会 at 22:48| Comment(0) | こんなこともやってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする