2016年04月25日

4月24日 赤旗まつりにお呼ばれしました

前回は確か3年くらい前。
すごい人出に驚いたことでしたが、今年の赤旗まつりの中央公園は、これまた熱気ムンムンでした。

三線愛好会は特定の思想をもつ団体ではありませんので、呼んでもらえれば神社でもお寺でも教会でも喜んで伺います。

愛好会のメンバーこそ、いろんな部類の人が集まっていて、チャンプル〜(混ぜこぜ)でカチャーシ(かき回し)な団体です。妙に変わった人たちが三線でつながり、三線以外に共通点を見つけるのが難しいと日々感じる割には、気付けば一緒に過ごしているという危険な団体です。


この日は日本共産党高知県支部主催の赤旗まつりにお呼ばれしました。
2回目のお声掛け、どうもありがとうございます。

いつもながら、日曜の早朝からの当日直前練習です。

008.JPG

数時間前までここで飲んでいたのに、翌朝はちゃんと練習をしています。感心。
場面は「うるさい」から「もっとうるさい」に変わりました。

お家の方が気の毒でなりません。
というわりには、家人に出してもらうおやつやお昼ごはんを、毎度遠慮なくいただいています。
この日のお昼は、冷やしそうめんにお稲荷さん、昨夜の手羽の煮込みなど。
2時間ほど立ちっぱなし、休憩なしの練習後に出してもらうご飯のおいしいことよ・・。


中央公園に到着すると、演奏する前にご褒美をいただきまして(露店で使えるチケット)。
さっそく出店に繰り出すメンバー。各々美味しいものを求めて物色。
と思いきや、青空マッサージで気持ちよくなっている会長を発見。

009.JPG

これからしゃけって唄わんといきませんので、どうぞしっかり癒してもらってください。



さて本番です。

013.JPG

屋外のイベントということもあり、聴きなじみのありそうな曲と、ぐあ〜っと盛り上がる曲をチョイスしてこんな感じでいきましたよ。

1、安里屋ゆんた
2、芭蕉布
3、花
4、オジー自慢のオリオンビール
5、唐船ドーイ〜豊年音頭

会場のお客さんとの一体感を感じながらの演奏。
声を揃えてサ〜ユイユイ。
みなさん唄もよくご存知で、芭蕉布や花も声を揃えて一緒に唄ってくださいました。
ああ幸せ。

最後の唐船ドーイ〜豊年音頭では、どんどん前に出てきて、踊る踊る!
さすが高知家、県民性でしょうか。臆さず楽しむ雰囲気があります。

週末2日連続の演奏を無事に終えて、心地よい疲れを感じながら会場を後にしました。
また呼んでもらえると嬉しいです。

ありがとうございました。

mihoco
posted by 三線愛好会 at 23:07| Comment(0) | 演奏してきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月23日(土) 新人歓迎会&定演決起集会

会長宅でまた飲み会をしています。

片付いてなくても、掃除ができていなくてもへっちゃら。
だって、会員のみんながやってくれるからー!

もう私生活を隠すゆとり(気)もなくなった会長は、完全に開き直っています。
この日も会員がせっせと片付けをし、せっせと掃除をしていました。
飲み会に残れない人もわざわざ来てやっています。
みなさん、本当にありがとう。


さて、今日は、飛び込み女子(飛び込み競技経験者です。あの高いところからプールにくるくる回りながら飛び込むあれです。すごいです)Oさんと、三味線男子の入会歓迎会&定演がんばろう!の決起集会です。


各自一品持ち寄りですが、家の掃除や片付けをするゆとり(気)がない会長が、手作りの料理をつくるはずもなく、すべてスーパーの出来合いです。
三味線男子を買い物に同行させ、「適当になんでも好きなもん選んで」と、自分で見つくろう労さえしません。


三味線男子、「大人と飲むのは初めてです」とのこと。
「こんな友達ができたよ〜って友達に言いやー」と言われています。
これが友達です。お気の毒です。


006.JPG


飛び込み女子も、やっとこさ仕事を終えて駆けつけてくれました。自転車バラして担いででどこでも行ってしまう(沖縄も一周したらしい)、超アウトドア人間です。


飛び込み女子も、三味線男子も、ようこそ愛好会へ! ようこそ変人の集まりへ! アッリかんぱ〜い!



スーパーの出来合い油ぎっとぎと唐揚げから、体にやさしい野菜たっぷり手作りお白和えまで、バラエティーに富んだご馳走がこの日も並びました。延々食べています。飲んでいます。しゃべっています。


遅れてやってきたのは、元会長マッツンです。

007.JPG

自己紹介で「新婚のマッツです」と言っていました。その新婚話がこの日の会を一層盛り上げてくれました。若い二人の末永い幸せを、愛好会員一同、心より願っています。


定演の決起集会でもありました。ちょっと気合い入れてやっていかないかんね〜と話しました。以前は合宿もやっていたので、「合宿でもやって、がっつり行こかー」ってな話も出ていました。
来週の稽古では、定演のチラシとチケットの会員への配布が始まります。気ぃ入れて、稽古していかんといかんです。


今年はたくさんの新人さんも入会してくれて、活気あふれている愛好会です。みんなで力を合わせて、お客さんに喜んでもらえる定演を目指し、励みます。みなさん、6月25日(土)は是非、弁天座の方へ足をお運びくださいませ。

134.JPG


飲み会の後の片付けもみんながしてくれて、これまた楽チンでした。

hideko
posted by 三線愛好会 at 22:18| Comment(0) | ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月23日(土) 伊野福祉会寿幸園さんにおじゃましてきました。

九州の地震はまだ収束せず、揺れが断続的に続いています。
大変な状況や、またたくさんのボランティアの方々が集まっている様子も伝えられています。

私たちは、今週もまた、演奏に呼んでもらえる穏やかな週末を迎えられていることを感謝しながら、愛好会なりにできるボランティア活動を続けていけたらと思っています。


この日声をかけてくださったのは、いの町天王ニュータウンにあります寿幸園さんです。
今回初めての訪問です。駐車場前の木のてっぺんで、イソヒヨドリが、声を張ってさえずっています。
デイサービスセンターやグループホームがあって、たくさんの利用者さんが集まってくださっていました。

IMG_20160423_144118_BURST004.jpg


演奏したのは以下の通り。
@安里屋ゆんた
A芭蕉布
B花
C浜千鳥(高知)
D浜千鳥(沖縄)
E沖縄の三線と長唄の三味線、聴き比べコーナー
Fエイサーシンカ



初披露の曲もあります。

高知県安芸市出身の作曲家、弘田龍太郎の「浜千鳥」があります。「鯉のぼり」「金魚の昼寝」なんかも有名ですね。実は私、この「浜千鳥」を最近まで知らなかったのですが、聴いてみると聞き覚えがありました。
この曲が始まると、多くの方が、一緒に口ずさんでくれました。よく知られた曲なのですね。大きな声で気持ちよく唄ってくれている方もいらっしゃいます。後で聞くところによると、カラオケが大好きで、ご家族の方とよく行かれているのだそうです。いくつになっても、音楽を楽しまれていること、素敵なことだと思いました。このお母さんのように、自分もおばあちゃんになっても、ずぅーっと三線弾いて、唄うておりたいもんやと思いました。


沖縄民謡の「浜千鳥」もあります。mihocoさん唄三線での初披露でした。あぁこれぞ沖縄民謡!という曲です。必死で唄っている弾いている感があふれていましたが、いい曲です。

IMG_20160423_150333.jpg

この二つの「浜千鳥」は、今年の定演でも披露する予定です。どうぞお楽しみに。


初披露ではないのですが、唄者が初挑戦という曲もありました。芭蕉布の唄者になった(させられた)Hさん、ずーっと芭蕉布の唄が頭の中でぐるぐる回った1週間だったようです。寝ても覚めても。笑 たくさんの方に聴いてもらえてよかったですね。

エイサーシンカの唄者に挑戦した(させられた)アッキーさんもこの日が初披露です。がんばりました。定演でもやりますよ〜


さて、いろいろいろいろとありましたが、今回の目玉は、
沖縄の三線と長唄の三味線の聴き比べコーナーです。

IMG_20160423_151803_R.jpg

おおっ!若いしです!
愛好会にも、こんな爽やかな若い男子がいるのです。つい最近入会しました。若干19歳。中学校から三味線をやっているという三味線男子です。稽古中、三線を構える姿勢が、誰よりも様になっています。
かっこいいです。
「キャーッ💛素敵ー!つき合うて〜」って言いたいです(犯罪)。


その三味線男子の長唄三味線と、沖縄の三線の比べっこをしました。
質問、「張っている皮は何でできているでしょうか?」
みなさん、わかりますか?


利用者さんからはこんな声が出ていました。
「それは蛇味線いうて、蛇よ」 「三味線の方は、ありゃ猫の皮よねえ」
答えは、、、、、
「そうです、これは蛇の皮です。それも高知で見るようなその辺におるような蛇ではなくて、大きなニシキヘビです。沖縄にもいません。東南アジアの方から輸入しています」とmihocoさん。
「あ、猫の皮もありますが、少し弱いんです。だから僕は犬の皮を使っています」と三味線男子。
犬ですよ、犬。三味線言うたら猫やと思うていた方も多いのではないでしょうか。勉強になりますね。


そんな話の後、一曲披露しました。歌舞伎「勧進帳」の中の「滝流し」という曲です。長唄では有名な曲らしいです。

動画でないのが残念ですが、利用者さん、「三味線をやりよった」という方も何人かおられて、とても喜んでくださって、大きな拍手を頂きました。
大好評の三味線男子でした。


最後は52歳の一人エイサーで息も絶え絶え締めくくりました。鳴子やすず、パーランクで賑やかに参加してくださり、嬉しかったです。

IMG_20160423_152314.jpg


演奏後、「なかなかよかったぞね」と言ってくださった利用者さん、何と104才とのこと。あやかりたいです。「またお会いしましょう、元気でおってください」と握手をし、寿幸園を後にしました。またご縁がありますように。みなさんまたお会いする日まで、お変わりなくお過ごしください。
スタッフの皆様もどうもありがとうございました。

IMG_20160423_142247.jpg

hideko
posted by 三線愛好会 at 22:10| Comment(0) | 演奏してきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする