2019年09月22日

丸池町 唄 日和

少しだけ、涼しくなりましたね、
今日は高知市丸池町主催の敬老会での演奏です
童謡を中心の全7曲です
いつも使っている 大きく紙に書いた歌詞が行方不明?(愛好会 あるあるです)
急いで、歌謡集?作ってみました。

DSC_0050 (3).JPG


和やかな懇談会のあと、出番が来ました。
今日、初参加の のぶみんさんが、参加された皆様に 歌謡集をお配りしました
すぐに、広げて「この歌しっちゅう」とか あちら こちらで声があがっていました
演奏中もしっかりと歌声が聞こえ、上手く弾けない えっちい〜 を助けてくれました
丸池町の皆様本当に佳き時をありがとうございました

丸池町は、名前のとうり 丸い池があります、
高知市内なのになんだかゆったりと時間が流れていました。

DSC_0045.JPG



人気急上昇の次期会長 
安里屋ゆんた ソロ エイサーが始まると すんぐに おひねり が飛ぶ飛ぶ
次期会長は手に持てなくて、袋に入れてもらい、ニコニコ顔です
演奏が終わった後 ヒデコさん 「一生懸命踊るのをみよったら涙が出てきた」
やっぱり 「おらんといかん」と思いました。 


DSC_0044.JPG


季節が微妙に変化している昨今ですが、お彼岸に咲く 彼岸花 環境の変化に動じない花なのでしょうか?
次期会長も動じません ピンチはチャンス!次期会長の言葉を胸に刻み さあーゆいゆい しましょう!
DSC_0046.JPG


              

                              By えっちい〜







posted by 三線愛好会 at 18:41| Comment(0) | ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

2019年9月15日ニーニーズ出演🎵

昨日は、春野町公民館芳原分館で行われた敬老会へのニーニーズ参加でした。
新人の自分がニーニーズ単独での出演に参加させていただき、本当に光栄なことでした。
しかし、暑さと緊張で本番前のリハーサルか20190916133049791.jpg20190916133021114.jpgら汗だくとなり、どうなるものかと心配が頭をよぎりました。
ところが若干5歳の救世主が楽屋に到着したことにより、楽屋の雰囲気も明るくなり、少し緊張もほぐれたのです。
そして、ニーニーズの出番となり勢いよく楽屋からステージに出て、ステージ上に自分達が座るパイプ椅子を並べるため、ステージ脇に置いてあったパイプ椅子を手に取った瞬間、事故が起こったのでした。
壁に立て掛けてあったパイプ椅子のうちの一つを取った瞬間、もう一つのパイプ椅子が床を滑り、ちょうどその前に立っていた救世主の足先に当たってしまったのです。
すぐに救世主の足先を見ると、少し血が滲んでいる状態でした。不注意とはいえ、大変なことをしてしまい、救世主が出演できなくなるのではないかと思いました。
この事故に気づいていないであろうニーニーズの先輩方はステージ上のセッティングをあっという間に終え、本番が始まりました。
一曲目は、「涙そうそう」です。
自分は救世主のことが気になりながら、何とか三線を自分のレベルで弾き終えました。
けれども頭の中では、「大丈夫やろうか。」という気持ちでいっぱいでした。
そして、二曲目は、「だんじゅかりゆし」でした。
この曲で20190916133144713.jpgは、自分は三板の演奏です。
一定のリズムを刻まなければならない楽器ですので、 心を取り乱している自分は、「リズムをキープできるろうか。」 と、ますます不安がよぎりました。
すぐ左横に居る先輩のMCが終わり曲が始まりました。
とにかくリズムをキープするように心がけ、何とか終了?三曲目は、自分が唄者の「三線の花」です。この曲はエイサー曲であり、救世主のエイサーが見せ所です。
この時、救世主が参加できるのかとヒヤヒヤしていましたが、楽屋の戸が開き救世主がステージにしっかりとした足取りで歩いてきたのです。
しかし、救世主の表情は浮かない表情でしたので、「ほんまに大丈夫やろうか。」と心配でなりませんでした。
ところが、その様な心配はいらなかったのです。
曲が始まり、救世主の元気いっぱいの声が会場内に響き渡り、集まってくれている大先輩方の視線は救世主に釘付けになっていたのです。
「この子は度胸がある。」と感心しました。
自分は緊張もあるせいで、また、途中で歌詞が飛び、さらに歌詞を間違えてしまいました。
けれど救世主は救世主でした。
歌詞が飛んだことなど関係なく、救世主のおかげで大先輩方は喜んでくれていました。
その後、四曲目の「エイサーシンカ」、五曲目の「唐船ドーイ」と続き、アンコール曲の「ふるさと」となりました。
この「ふるさと」の唄者は救世主で、大先輩方も一緒に唄ってくれて会場が一体となり、無事に終了しました。
今回の出演で、自分は5回目の出演ですが、やはり経験が必要だなとつくづく思いました。
経験20190916133203077.jpgを積むことで緊張も和らぎ、心にも余裕もできて不注意も起こらないようになると思いますし、課題の笑顔もできるようになると思います。
これからもニーニーズの一員として、また、高知県沖縄三線愛好会の一員として成長していきたいと思います。
皆さんよろしくお願いします。
ちなみに救世主には許しを得ています。
救世主のパパにも。
ランチもみんなで一緒に仲良く食べました。
Dai
posted by 三線愛好会 at 17:37| Comment(0) | 演奏してきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猪野々 夏祭り


8月24日、香北町の猪野々という地区で行われた星祭りに参加しました。

アンパンマンミュージアムから車で30分弱走ると 猪野々地区はあります。
この地区は 「ゴンドラの唄(1915)」の作詞家 吉井勇先生が 昭和9年から昭和12年まで隠棲した とされている場所です。
地域には先生の歌碑があちこちに建っていたり、住処として使っていた「渓鬼荘(けいきそう)」は今でも残っています。
また吉井先生の記念館もあり、見学もできます。

F632F0CE-1C19-4F46-AEC4-1616739D9889.jpg

さて、この日、私達は 迷子にならないように9台で連なり 小雨の中、猪野々集会所に到着。
すでに地域の人達が集まり、出店もあります。
記念館前では松明を焚いて 祭りを盛り上げています。

AF5B035C-3DD0-409E-AD21-E1026F9AE43F.jpg

5DA29C90-45E2-44E0-939D-B25605CCF716.jpg
↑これが会場、晴れなら 外での開催でしたが、残念ながら天気には勝てません。

韮生太鼓の演奏を控え室で聞きながら 腹ごしらえするメンバーも。
612BE979-6A34-479F-AA92-1B5799084A1D.jpg
↑これを食べて エイサー踊るって すご〜い(O_O)
お腹痛くならんがやおか、、、。

歌うメンバーがMCを担当する というスタイルにしました、それぞれの言葉で今から歌う曲を紹介したり、猪野々に来るまでの気持ちやここで演奏することへの思いを聞くことができて 嬉しくなりました。
緊張もしましたが 楽しく演奏できたという印象が強いです。
78426117-F54E-484E-B665-FB30A89ABD0B.jpg

演奏後は 機材を片付けおわると、 ちょっと市内までは遠いので早々に帰ることに。
またまた迷子にならないように ズラズラ連なって帰路につくのです。
こういう所が愛好会はかわいらしいですよね。

余談ですが、猪野々地区は私、ヨッシーの故郷です。
今回、演奏した集会所は 元々私の通った小学校が建っていました。
隣は記念館ですが、そこは私が通った保育園がありました。
今は保育園も小学校も跡形もなく 形を変えて別の建物が建っています。
寂しい気持ちはあります、しかし、今回演奏を聴いてくれている方の中には、私が小学時代に敬老会で演奏した時に聴いてくれていた人が沢山いました。
懐かしいし、またこの場所で 大好きなメンバーと一緒に演奏ができる、とても嬉しく最高な時間になりました。
「初めて聴いたけんど 沖縄の歌もえいねー」「また来年も演奏しての!」と言うてもらいました。
なので、また来年も呼んでや!と言うてきました。

星祭り実行委員の皆さん、猪野々地区の皆さん、一緒に演奏してくれた愛好会のメンバー、 本当にありがとうございました!!
posted by 三線愛好会 at 12:38| Comment(0) | 演奏してきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする